ディーワン、ARコンテンツの「制作」・「配信」・「視聴」がワンストップで可能なARサービス「@AR」のプラットフォームを受託開発。3DCGアニメーションなどリッチコンテンツ制作も担当。

株式会社ディーワン 2018年07月06日

From PR TIMES



報道関係各位

2018年7月6日
株式会社ディーワン

ディーワン、ARコンテンツの「制作」・「配信」・「視聴」がワンストップで可能な
ARサービス「@AR」のプラットフォームを受託開発。
3DCGアニメーションなどリッチコンテンツ制作も担当。

AR/VR・IoTアプリ開発、CGコンテンツ制作、モーションキャプチャースタジオ運営事業を手掛ける株式会社ディーワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:半澤剛/以下、ディーワン)は、エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治/以下、エレコム)と、株式会社メガハウス(本社:東京都台東区、代表取締役社長:奥山嚴/以下、メガハウス)のパートナーシップ企業として、両社が7月5日に発表・提供開始した「@AR」のプラットフォームの受託開発を行ったことを発表いたします。また今後は、3DCGアニメーションなどリッチコンテンツを使ったARのニーズに答えたコンテンツ制作も行ってまいります。
[画像1: (リンク ») ]



■「@AR」サービス特長
・ “制作” 「@AR Studio」(アットエーアールスタジオ)
3DCGアニメーションなどリッチコンテンツARの制作支援サービス。用途やターゲットに応じて、コンテンツの企画提案から制作までを行います。
・ “配信” 「@AR Station」(アットエーアールステーション)
ARコンテンツ管理システム(CMS)。画像とコンテンツをアップロードしARを生成、配信を行えます
・ “視聴” 「@AR Player」(アットエーアールプレイヤー)
ARを表示・視聴できるスマートフォンアプリ。「ランダム機能」「SNSシェア機能」搭載
・「@AR」公式サイト: (リンク »)

[画像2: (リンク ») ]


■プラットフォーム開発への取り組み
・2010年からのARコンテンツ開発の実績を元に、今回エレコム、メガハウスと共に「@AR」のスマートフォンアプリ、CMS、データベースを伴うプラットフォーム全体の設計・開発を担当しました。
・「@AR」では、世界最高水準の空間・立体認識技術(SLAM)を持つKudan社のAR技術を採用しています。ディーワンでは、KudanSLAMを使ったARアプリの開発実績が多数ございます。

■コンテンツ制作への取り組み
・2001年より、ゲームや映画を中心とした3DCGを使ったコンテンツ制作に長年携わってきました。また、モーションキャプチャースタジオを運営し、撮影から編集までクオリティの高い制作環境を有しております。

<株式会社ディーワン 会社概要>
会 社 名 :株式会社ディーワン(D1 Inc.)
U R L : (リンク »)
所 在 地 :〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-6-19ピアリッジ恵比寿B1F
設   立 :2001年8月1日
資 本 金 :10,000,000円
事業内容 :アプリ開発、システム開発、IoT開発、CGコンテンツ制作、モーションキャプチャースタジオ運営

<本件に関するお問い合わせ先>株式会社ディーワン 半澤 TEL:03-6408-5333 Mail:info@d1fx.com

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]