編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本初!「Indeed」と「Google for Jobs」に対応!求人サイト構築パッケージ「JobMaker」を2018/7/11~13 で行われるHR EXPOにてご紹介いたします!

株式会社ウィルビー

From: PR TIMES

2018-07-09 13:01

『「Google for Jobs」徹底研究』ミニセミナーも同時開催中!

『採用イノベーション』の株式会社ウィルビー(本社:東京都港区、代表取締役:江本亮、以下ウィルビー)は、2018年7月11日(水)から13日(金)まで東京ビッグサイトにて開催される「第6回 HR EXPO」にブース出展致します。



■「Google for Jobs」とは
Google for Jobsは、アメリカで2017年6月にリリースされたGoogle検索上に表示される求人情報サービスです。
現在、アメリカを皮切りに、アフリカ・ヨーロッパの12か国にて展開されており日本上陸も時間の問題と言われています。
Google for Jobsは、検索エンジンで求人情報を検索した際に全ての検索の上位に表示されるため、
今までオーガニック検索で集客をしていたその他求人メディアサービスにとっては、注目度の高いサービスです。
日本での公開日はまだ未定ですが、すでに大手媒体では「Google for Jobs」対応を完了させているほど、注目度の高いサービスです。

[画像1: (リンク ») ]



上記の画像は、アメリカで「ニューヨークの営業の仕事」と検索した結果一覧から「Google for Jobs」エリアを遷移した様子の画面になります。
Google検索結果一覧画面では、Google有料広告の下に「Googl for Jobs」が表示され、その下にオーガニックの結果が表示されています。アメリカでは現状、Googleのオーガニックに表示されている「Indeed」よりも上位に表示されています。
「Google for Jobs」が日本でも公開されれば、求職者の検索後の動きが大きく変わるのでは、とも言われています。

ブースでは、まだ日本では謎に包まれている「Google for Jobs」を徹底調査・研究した成果を皆様にご紹介できればと思います!もちろん、今後の求人ビジネスについてのご相談も合わせてお伺いいたしております!


■出展法人・出展商品のご紹介
【株式会社ウィルビー】( (リンク ») )
【JobMaker(ジョブメーカー)】( (リンク ») )

「Indeed」と「Google for Jobs」に対応した自社求人サイト・採用サイト構築システムです。
日本の大手媒体でも公開を見越して対応を続々と完了している「Google for Jobs」にも、もちろん現在最も主流の求職者集客ツールである「Indeed」どちらにも対応した求人サイト・採用サイトが作成できるパッケージ商品です。
JobMaker(ジョブメーカー)を用いて制作した求人サイト数は、300サイト以上!手軽な求人サイトからカスタム求人サイトまで対応可能な、求人サイト構築No.1パッケージです。
[画像2: (リンク ») ]



■出展概要
・イベント名:第6回 HR EXPO
・日時:2018年7月11日(水)~ 13日(金) 10:00 ~ 18:00
・会場:東京ビッグサイト( (リンク ») )
・ブース:採用支援ゾーン(西2ホール 11-59)

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ウィルビー 担当:下雅意(しもがい)
E‐mail:s-shimogai@willb.co.jp TEL:03-6435-0145 
〒108-0073 東京都港区三田4-1-4 城南ビルディング6階 HP: (リンク »)
※お電話の際は、HR EXPO問合せの旨をお伝えくださいませ。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]