RistがDeep Learningを用いた比較検査ソリューション『Deep Inspection Collatio』を提供開始

株式会社Rist 2018年07月10日

From PR TIMES

Deep Learningを用いて、少量多品種な製造業の部品や半導体基盤、印刷物といった対象への比較検査を行うソリューション

株式会社Rist(東京都目黒区 代表取締役 遠野宏季、以下Rist)は、人工知能技術であるDeep Learningを用いた比較検査ソリューション『Deep Inspection Collatio』の提供を開始しました。



株式会社Rist(東京都目黒区 代表取締役 遠野宏季、以下Rist)は、人工知能技術であるDeep Learningを用いた比較検査ソリューション『Deep Inspection Collatio』の提供を開始しました。
Deep Inspection Collatioでは、一般的なDeep Learningなどの機械学習を用いた画像検査の課題であった欠陥品データが十分に集められない少量多品種な検査対象への応用が見込めます。
サービスURL: (リンク »)

製造業を始めとした多くの産業において、ノウハウを持つ世代の退職など少子高齢化による慢性的な人手不足が深刻な社会問題となってきています。
こうした状況を受け、各社では人工知能技術の一つであるDeep Learningを用いた自動画像検査システムを提供していましたが、多くの場合において大量の欠陥画像のデータが必要であり、少量多品種な検査対象への応用は困難でした。
こうした背景を踏まえ、弊社は2017年2月から取り組んできたDeep Learningを用いた検査ソリューションであるDeep Inspection( (リンク ») )で培われたノウハウを元に、少量多品種な対象でも検査が見込める比較検査システムを別ブランドとしてリリースいたしました。
この比較検査システムは、既に印刷業や半導体基盤検査などへの応用を現在検討しており、現在も様々な分野でのパートナーを募集しております。
[画像1: (リンク ») ]



【Ristについて】
[画像2: (リンク ») ]

Ristは先端技術を取り入れることで社会や顧客の課題を解決し、価値提供を行う。
人工知能技術Deep Learningなどを用いて、製造業や医療、建設業を始めとした分野でのシステム開発を行っている。
これまでに画像を用いた検査システムであるDeep Inspectionの提供や、医療画像へのDeep Learning応用研究の他に、動画や音声、3D CADなどを用いた幅広い開発を手がけている。
関東・関西ともに拠点があり共同研究・開発も可能なことから、現在は国内外からの問い合わせが増えてきている。
- 会社名:株式会社Rist
- 所在地:東京都目黒区目黒2-11-3
- 設立日:2016年8月1日
- 代表取締役:遠野宏季
- URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]