編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

GSX、CrowdStrike Falconの取扱開始とともにMDRサービスを提供開始

GSX

From: PR TIMES

2018-07-10 10:01

~次世代エンドポイント保護、およびレスポンスサービスの強力な組み合わせを提供~

グローバルセキュリティエキスパート株式会社(本社:東京都港区海岸1-15-1、代表取締役社長:青柳 史郎、 (リンク ») 、以下、GSX)は、CrowdStrike, Inc.(本社:米国カリフォルニア州アーバイン、CEO:George Kurtz、 (リンク ») 、以下、CrowdStrike)が展開する次世代エンドポイント・セキュリティ対策製品「CrowdStrike Falcon※1」の取扱を開始するとともに、同製品を対象にしたGSX独自のMDR(Managed Detection & Response)サービスをリリースしました。



GSXはお客様がCrowdStrike Falconのテクノロジーの恩恵を最大限に受けられるよう管理をサポートし、そして脅威を効果的に止めるサポートをします。
CrowdStrike Falcon Platformは組織が侵害を止める方法に革命をもたらし、永続的で洗練されたサイバー脅威に対抗する能力を飛躍的に向上させます。お客様はクラウドベースで機能を展開、使いやすいAPIを幅広く提供しており、コストや複雑な手間を増やすことなく、即時に価値を実感できます。

◆CrowdStrike Falconユーザーに提供するMDRサービスとは

CrowdStrike Falcon Platformのエンドポイント・セキュリティにおける各製品導入後のサポートとして、24時間365日のセキュリティ監視サービスです。エンドポイントでの不正な挙動検知の通知と、検知後の即時遮断や感染後の対応方法のご助言などを行います。

[画像1: (リンク ») ]


CrowdSrike FalconとGSXのサービスにより、お客様の環境内の情報を一括して活用し、セキュリティ脅威に迅速かつ正確に対応、効率的かつ効果的な方法でセキュリティ対策を行うことができます。

[画像2: (リンク ») ]


■「CrowdStrike Falcon及びMDRサービス」紹介ページ
(リンク »)

※1 CrowdStrike Falcon:
次世代アンチウイルス、EDRなどを統合し、ひとつの軽量エージェントで提供することができるプラットフォーム。サイバーセキュリティインシデントの検知・記録・調査機能に優れ、先進的な人工知能ならびにマシン・ラーニング技術を保有する。
※2 EDR(Endpoint Detection and Response):
主にエンドポイントにおけるインシデント発生後の対応を明確化・迅速化する機能を持つセキュリティ対策製品。昨今ではアンチウイルス機能を同梱することで検知・駆除機能を併せ持つ製品も多い。

◆本リリースに関する賛同文(50音・アルファベット順)

・マクニカネットワークス株式会社様からのエンドースメント

マクニカネットワークス株式会社はグローバルセキュリティエキスパート株式会社様によるMDRサービスの提供開始を心より歓迎いたします。弊社は、2014年より日本総代理店としてCrowdStrike Falconを国内のお客様に提供してまいりました。昨今、マルウェアレス攻撃をはじめとした新たな脅威に対応するため EDRを中心としたエンドポイント対策の強化は急務となっております。グローバルセキュリティエキスパート株式会社様の長年にわたるセキュリティ分野の知見や経験を基にしたMDRサービスにより、更に強固なセキュリティ対策をより幅広いお客様へご提供可能になるものと存じます。

マクニカネットワークス株式会社 代表取締役社長 池田 遵 氏

・CrowdStrike Japan株式会社からのエンドースメント

この度GSX様に弊社のパートナー様としてご契約いただきました事を心より歓迎申し上げます。
市場がセキュリティソリューションにより一層優れた有効性と信頼性を求める中、日本でのCrowdStrikeのプレゼンスがますます高まっております。当社の技術に対する大きな需要が見られる現在、CrowdStrike FalconをGSX様と共にお客様にご提供することで、お客様のエンドポイントのセキュリティを向上させるお手伝いをさせていただきます。

CrowdStrike Japan 株式会社 マネージング・ディレクター 河合 哲也


◆マクニカネットワークス株式会社について

マクニカネットワークスは、数多くの海外企業との提携により、最先端のテクノロジーを備えた様々なネットワーク機器・ソフトウェアなどを提供する技術商社です。その豊富なラインアップと、製品の導入から運用・保守サポートに至るまでの万全なサービスにより、官公庁や金融機関・一般企業など、数多くのお客様への導入実績を誇ります。
社名 :マクニカネットワークス株式会社
資本金 :3億円 (2018年3月31日現在) ※株式会社マクニカ 100%出資子会社
本社所在地:〒222-8562 横浜市港北区新横浜 1-5-5
代表者 :代表取締役社長 池田 遵
ウェブサイトURL: (リンク »)
事業内容 :企業向けネットワーク、セキュリティ関連ハードウェア・ソフトウェアの輸入、開発、販売コンサルティング・保守サービスにわたる IT ソリューションの提供

◆グローバルセキュリティエキスパート株式会社について
社名 :グローバルセキュリティエキスパート株式会社
本社 :〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアムビル4F
代表者 :代表取締役社長 青柳 史郎
資本金 :1億円
設立 :2000年4月
コーポレートサイトURL: (リンク »)

― GSXは、サイバーセキュリティ教育カンパニーに生まれ変わります ―

わたしたちは、情報セキュリティ・サイバーセキュリティに特化した専門会社であり、セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、日本初のセキュリティ全体像を網羅した教育メニューや情報セキュリティ特化事業再生支援サービスをご提供しています。
「教育」という観点を各事業の軸に据え、お客様へセキュリティへの気づきを与え、セキュリティ市場を活性化する事で、日本の情報セキュリティレベル向上に貢献します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]