編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

特集 AIと社会

株式会社朝日新聞社

From: PR TIMES

2018-07-10 10:01

「月刊Journalism」7月号発売!

 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)が発行する「月刊Journalism」の2018年7月号が7月10日に発売となりました。



[画像: (リンク ») ]

 特集は「人工知能が生み出すのは監視社会か、理想郷か…… AIと社会」です。また、財務事務次官のセクハラ問題についての座談会も掲載しています。
 経営コンサルタントの小林啓倫さんは、今回のAIブームが経済活動のデジタル化と情報処理の高度化という二つのベクトルで進んでいると指摘、将来起こりうるリスクについて検討しています。朝日新聞科学医療部の田中郁也記者はAIの技術革新を分かりやすく解説。憲法学者で慶應義塾大学教授の山本龍彦さんはEUの一般データ保護規則(GDPR)に注目、中期的な視野に立てばGDPRの要請を経済的チャンスと捉え、個人の主体性の実現に軸足を置くべきだと論じました。
 中国に詳しいジャーナリストの高口康太さんはAI化が急速に進む中国を、在英ジャーナリストの小林恭子さんは大量情報時代に警戒感を強める欧州の状況をリポートしています。AI研究の第一人者である東京大学特任准教授の松尾豊さんはインタビューで日本の現状をざっくばらんに語っています。
 セクハラ座談会では、ジャーナリストの青木理さん、ジャパンタイムズ編集局長の大門小百合さん、弁護士の角田由紀子さん、一橋大学教授の中北浩爾さんが、メディア企業のセクハラ意識の問題点や、取材のあり方、記者の守り方などを縦横無尽に議論しています。

 「月刊Journalism」は2008年10月、研究誌をリニューアルする形で創刊。「フェイクニュースとネット言論」(17年11月号)、「過労死しないために」(18年5月号)、「官僚は再生できるか」(同6月号)などさまざまな問題にジャーナリズムの観点から切り込んでいます。
 定価800円(税込み)、年間購読料は8800円(税・送料込み)。全国の書店、ネット書店、ASA(朝日新聞販売所)で注文によってお求めいただけます。

【朝日新聞社ジャーナリスト学校】
2006年に発足。入社1、2、3年目の若手記者向けの研修を中心に、中堅やベテランの記者にも「学ぶ場」を提供しています。自治体財政、医療といったテーマ別研修も開き、他のメディアにも参加を呼びかけています。
◆公式サイト  (リンク »)
◆ツイッター  (リンク »)

〈お問い合わせ〉
朝日新聞社 ジャーナリスト学校
TEL 03-3545-0131(代表)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]