編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

パーソルグループ、RPAで日本の労働力不足解消へ 枯渇するRPA専門人材を育成・派遣する新サービス「RPAアソシエイツ」年間1,000人目指す

パーソルホールディングス株式会社

From: PR TIMES

2018-07-10 11:01

~市場を牽引する企業としてグループ一丸となりRPAの普及・拡大を目指す~

総合人材サービスのパーソルグループで、人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:和田孝雄、以下パーソルテンプスタッフ)と、コンサルティングやシステム開発・運用を手掛けるパーソルプロセス&テクノロジー株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:横道浩一、以下パーソルプロセス&テクノロジー)が連携し、RPA専門人材を育成・派遣する新サービス「RPAアソシエイツ」を開始いたします。これにより、RPA専門人材の枯渇を解消し、さらなる企業の生産性向上を支援いたします。

当グループでは社会問題である労働力不足に対し、解消の一手としてRPAを重要な手段と位置づけ、早期から一丸となりソリューションの提供に取り組んでまいりました。本サービスでは、RPAツールを操作したロボット開発や、メンテナンスまで対応できる専門人材を、年間1,000人育成・派遣することを目指します。これにより企業におけるRPAの導入・定着を促進し、日本の労働力不足解消に寄与してまいります。



■背景:3年で市場規模は22倍、導入が進むRPAと不足する専門人材

昨今、国内では少子高齢化にともなう労働力人口の減少が進み、2025年には約583万人の労働力が不足すると予測されています(※1)。このような状況の中で、人が行う仕事の自動化が実現できるRPAへの注目が高まり、RPAの市場規模は2015年2億円から2018年44億円と3年間で22倍、さらに2021年には80億円以上まで継続的に拡大すると予測されています(※2)。

このようにRPAニーズが高まる一方で、専門知識や専門ツールの操作スキルを有した人材の不足により、多くの企業でRPAの導入が進まない、導入したものの活用できていないといったケースが増えており、今後さらに深刻化してくことが想定されます。

※1:パーソル総合研究所 「労働市場の未来推計」
  (リンク »)
※2:ITR Market View:AI/RPA市場2017

■概要:約1ヵ月間の集中研修により、ロボット開発からメンテナンスまで対応可能なRPA専門人材を育成派遣

パーソルテンプスタッフとパーソルプロセス&テクノロジーはこのような課題に対し、パーソルテンプスタッフに登録する派遣スタッフを対象に、RPA専門人材育成を目的とした約1ヵ月間(90時間)の集中研修を実施。修了したスタッフをクライアント企業へ派遣いたします。

同研修は、パーソルプロセス&テクノロジーが、これまで多くの「WinActor(R)」のスペシャリストを育成してきた実績と、多くのRPA導入支援を行ってきた知見やノウハウを盛り込んだ、オリジナルの人材育成プログラムです。ロボット開発だけでなく、RPA導入後の課題であるメンテナンス対応についても学ぶため、トラブルや動作停止が起こった際の対応も可能となります。また、専門のサポートセンターを設置し、就業後のサポートも行います。教育を受けたRPA専門人材が就業することで、RPAを活用できていない企業や、RPAの適用業務を拡大したい企業において、RPAの活用を促進しさらなる生産性向上が可能となります。

※研修の詳細は以下の参考資料を参照
  (リンク »)

また、RPA専門人材の育成・派遣だけでなく、ご要望に応じて業務コンサルティングや業務フローの設計までを行い、クライアント企業のスムーズなRPA導入、定着を支援いたします。
[画像: (リンク ») ]

パーソルグループは、本サービスを通じて、派遣スタッフのスキル向上と長期的なキャリア形成、および企業における生産性向上を支援し、グループビジョン「人と組織の成長創造インフラへ」の実現を目指します。

[表: (リンク ») ]



■サービス詳細・問い合わせ先

「RPAアソシエイツ」について
(リンク »)

「RPAアソシエイツ」お問い合わせ
(リンク »)

「RPA導入支援サービス」お問い合わせ
(リンク »)

■パーソルテンプスタッフ株式会社について< (リンク ») >

パーソルテンプスタッフ株式会社は、パーソルグループの「派遣・BPOセグメント」中核会社として、人材派遣、ビジネス プロセス アウトソーシング、官公庁受託事業などのサービスを提供しています。2017年7月より、テンプスタッフ株式会社からパーソルテンプスタッフ株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■パーソルプロセス&テクノロジー株式会社について< (リンク ») >

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、パーソルグループの「ITOセグメント」中核会社として、ITにおける開発から運用、テクニカルサポートなどを提供するほか、事業課題に応じたビジネスプロセスのアウトソーシングや、コンサルティングを実施しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンス ビジネスソリューションズ(IBS)からパーソルプロセス&テクノロジー株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」について< (リンク ») >

パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。働く人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。

パーソルグループは、人材派遣のパーソルテンプスタッフ、人材紹介や求人広告のパーソルキャリアをはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外80社を超える幅広い企業群で構成されています。グループのビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]