「SuperStream-NX オフィスロボット(経理・人事)」を提供開始

スーパーストリーム株式会社 2018年07月10日

From PR TIMES

─ルーチン業務の自動化により労働者不足の解消を目指す─

キヤノンマーケティングジャパングループのスーパーストリーム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大久保晴彦、以下スーパーストリーム)は、経理・人事部門に残る煩雑なルーチン業務を自動化し、業務効率化を実現するRPAソリューション「SuperStream-NX オフィスロボット(経理・人事)」の販売を、2018年7月31日より開始します。



労働人口の減少と働き方改革などによる労働時間の短縮化により、近い将来日本企業は深刻な労働者不足に陥ると予測されています。一方で経理・人事業務には、入力作業やチェック作業などの単純なルーチン業務が多く残されています。このルーチン作業をロボットに担わせることで、経理・人事担当者は本来ヒトが注力すべき、判断を必要とする複雑な応用業務に集中することが可能になります。

■経理・人事部門の定型業務をテンプレート化
経理・人事部門には日々の入力・転記業務やデータのチェック作業、毎月の定型フォームを使用したレポートの作成など、数多くの単純な繰り返し作業が多く存在します。オフィスロボットではSuperStream-NXで行う定型業務をテンプレート化しているため、基礎データを設定するだけで単純作業を自動化できます。

■RPAの専門知識は不要
RPAのスクリプト開発はITに関する高度な知識やノウハウが必要であり、実運用に耐える業務シナリオ(スキル)をユーザで開発することは容易ではありません。オフィスロボット(経理・人事)にはSuperStream-NXの会計・人事/給与システムを前提としたロボットを動作させるスキルがすでに組み込まれているため、専門知識がないユーザにも運用が可能です。

■基礎データの設定はExcelファイルで
オフィスロボット(経理・人事)を正しく動作させるための基礎データはExcelファイルで定義されているので、ユーザは生成された帳票データの格納場所、メール送信やプリンターの出力有無などをExcelファイルにパラメータとして入力するだけ。RPAの専門知識がなくても動作が可能です。
[画像1: (リンク ») ]


■経理・人事給与それぞれのスキルを提供
経理・人事給与業務の基本的な業務のスキルを提供しています。
[画像2: (リンク ») ]

■販売価格

[表: (リンク ») ]



スーパーストリームはオフィスロボット(経理・人事)の拡販を進め、2020年までに50社への販売を目標としています。

※オフィスロボット(経理・人事)のご利用は、SuperStream-NX 統合会計、固定資産、人事管理、給与管理のいずれかを導入していることが前提となります。
※オフィスロボット(経理・人事)のRPAエンジンはWinActor実行版を採用しています。
※オフィスロボット(経理・人事)をご利用いただく際はRPAエンジンとスキルをセットで購入いただく必要があります。スキルのみの購入はできません。


■SuperStreamについて
SuperStreamはスーパーストリーム株式会社(旧社名:エス・エス・ジェイ株式会社)が提供する経営基盤ソリューションです。
1995年6月の提供開始以来、国内の中堅・大手企業を中心に、累計で8,780社(2018年3月末時点)を超える導入実績があり、機能の充実度については特に高い評価をいただいています。
さまざまな業種の業務ノウハウと日本の商慣習を充分にふまえた製品開発を続けており、企業のバックオフィスを支える経営基盤として、経営的視点に立った情報活用と企業の成長戦略を強力にサポートしています。

*文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]