編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

株式会社Bridge、訪日外国人を対象としたアンケートサービスを開始。行動が見える・聞ける・配れる「訪日外国人リサーチlight」

株式会社Bridge

From: PR TIMES

2018-07-10 13:30

訪日外国人に対し、サンプリングやクーポン配布も可能

株式会社Bridge(東京都新宿区 代表取締役社長:松本雄介)と株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 代表取締役社長:高栖祐介)は、多くの訪日外国人旅行客の声を聴き、リアルタイムに提供することを目的として、2018年7月より「訪日外国人リサーチlight」サービスを開始いたしました。
主に東アジアからの観光客に対して、訪日前および訪日中にアンケートなどを実施することができ、また合わせてサンプリングやクーポン配布をすることも可能です。



■「訪日外国人リサーチlight」サービス概要

本調査サービスは、訪日外国人向けSIMカードレンタルサービス「Trip Free」( (リンク ») )の登録者を対象として行います。訪日前および日本滞在中にはWEBでのアンケートにて、実態調査や意識調査、観光中の行動に関する調査などを実施することが可能です。また「サンプリング」や「クーポン配布」も可能で、サンプリングした商品に対する評価を取得することも可能です。

[画像: (リンク ») ]


■協業開始の背景

国内消費が伸び悩む中、インバウンド消費は年々増加傾向にあります。しかしながら、インバウンド消費に対する知見は十分ではなく、訪日客に対するリサーチ手法は、空港などで行う出口調査などが主となり、コストがかかります。そこで、企業の更なる集客・顧客満足度の向上に役立てていただくために、リサーチやサンプリングプロモーションを事業領域とする「株式会社ドゥ・ハウス」と協業し、手軽に訪日外国人旅行客の声を簡単に聴くことができる仕組みを開発しました。

■無料SIMカードレンタルサービス「Trip Free」とは

訪日外国人旅行客にSIMカードを無料で提供するサービスです。( (リンク ») )
利用する訪日外国人旅行客は、500MBまで無料で利用することができ、「Trip Free」に掲載されている飲食店やアクティビティ予約、アンケート回答を行うことで、無料で利用できる通信量がさらにチャージされていきます。

「Trip Free」では多言語対応のためにクラウドワーキングを構築しており、その仕組みを利用して本サービスでは、アンケート項目の翻訳をリーズナブルな価格で行います。


【株式会社Bridge 会社概要】 (リンク »)

事業内容:訪日外国人向け無料SIMカードサービス「Trip Free」を運営しています。
台湾・香港の訪日外国人をメインターゲットに会員数を伸ばしており、インバウンド需要に大きく貢献しております。

所在地 :〒162-0847 東京都新宿区市谷長延寺町6番地
代表者 :代表取締役社長 松本雄介
設立 :2016年1月4日

【株式会社ドゥ・ハウス 会社概要】  (リンク »)

事業内容:企業の商品開発や商品育成支援を目的に、生活者や店頭を対象としたリサーチやプロモーションなどのマーケティングサービスを提供し、550万人の生活者をネットワークしています。リサーチサービスでは、定性調査と店頭調査に強みを持ち、リアルな事実データでマーケターの「仮説」づくりや検証をサポートします。また、プロモーションサービスでは、ネット上でのサンプリングや、店頭購買型サンプリングでトライアー獲得を支援し、クチコミプロモーションでファン育成を支援しています。

現在は、海外でも事業を展開し、主にタイ・台湾でサンプリングを、北米にて市場調査やプロモーションサービスを展開しております。


所在地 :〒105-0004 東京都港区新橋6-20-2
代表者 :代表取締役社長 高栖 祐介

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]