編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「サイボーグ009」サイボーグ戦士9人が不動産投資支援!?2018年7月10日よりWEB動画を順次公開

(株)フェイスネットワーク

From: PR TIMES

2018-07-10 19:00

今年の24時間テレビのドラマスペシャルは「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語(仮)」

城南3区エリア(世田谷区、目黒区、渋谷区)を中心に新築一棟マンションによる不動産投資支援事業を展開する株式会社フェイスネットワーク(証券コード:東証マザーズ3489、本社:東京都渋谷区、代表取締役:蜂谷二郎、以下フェイスネットワーク)は、「サイボーグ 009(ゼロゼロナイン)」(原作:石ノ森章太郎)をイメージキャラクターに起用し、「サイボーグ 009」のメンバーが当社の不動産投資サービスを表現する動画を、7月10日(火)より順次公開することをお知らせいたします。



[画像1: (リンク ») ]


■契約の背景
「サイボーグ009」のそれぞれ異なる特殊能力を持つサイボーグ戦士9人が、同じ目標に向かい力を合わせて進んでいく様子は、当社の土地仕入れから設計、建設、賃貸募集、物件管理までを一貫して行う“ワンストップサービス”を伝えるのにぴったりだと感じたため、また、1964年のマンガ連載開始、そして1968年のアニメ放送開始より、現在も当時のファン層に高い知名度を誇っており、当社で不動産投資を考えるオーナー層への親和性も高いことから、この度の契約に至りました。「サイボーグ009」のキャラクターを起用することで、難しいイメージの強い不動産投資を親しみやすく表現しています。『一人の能力には限界があるかもしれない。だからこそ、仲間と共に夢の実現を願う人を全力で支援する』をこの動画のコンセプトとし、不動産投資支援を通したお客様の夢の実現のサポートに、より一層力を入れていくとともに、今後「サイボーグ009」を起用した新規コンテンツを順次リリースしていく予定です。

■9人のサイボーグ戦士たちが不動産投資サービスを提案する様子を描く
「サイボーグ009」のサイボーグ戦士9人が、当社の不動産投資サービスに関する役割をそれぞれ担い、表現しています。例えば、飛行能力を持つ「サイボーグ002」は、マッハ5で空を飛び、オーナーの条件に最適な物件を見つけ出し、超視聴覚を持つ「サイボーグ003」は、入居者ターゲット層の賃貸住宅に対するリアルな声を収集し、オーナーに最新の賃貸需要を共有します。全10話で構成される本動画は、当社の不動産投資サービスに関する“ワンストップサービス”の舞台裏を知ることができる内容になっています。それぞれ異なる特殊能力をもった「サイボーグ009」のサイボーグ戦士9人が、力を合わせて1人のオーナーの希望に沿った最適な提案を行う様子を描いています。
また、石ノ森章太郎は2018年で生誕80周年を迎え、今年の24時間テレビのドラマスペシャルは、「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語(仮)」。「サイボーグ009」が不動産事業を手掛ける会社とキャラクター契約を交わすことは初の試みとなります。

■WEB動画概要
公開日:2018年7月10日(火)~
URL: (リンク »)

第一話:「物件提供」編     60秒
[画像2: (リンク ») ]

                                            (C)石森プロ
※以下、順次公開
第二話:「物件探し」編     42秒
第三話:「賃貸需要」編     51秒
第四話:「施工管理」編     48秒
第五話:「耐震基準」編     50秒
第六話:「火災リスク」編    ※現在作成中
第七話:「家賃相場」編     ※現在作成中
第八話:「地盤調査」編     ※現在作成中
第九話:「加速装置」編     ※現在作成中
第十話:「集合みんなで1つ」編 ※現在作成中

■サイボーグ009について  (リンク »)
1964年に少年マンガ誌で連載が開始されて以来、さまざまな世代から愛され続けている石ノ森章太郎の代表作で、9人のサイボーグたちの活躍、友情、人類愛などを描いた壮大なストーリーです。世界中に戦争を引き起こし、兵器を売りつける謎の組織「黒い幽霊団(ブラック・ゴースト)」に誘拐され、最強の兵士=兵器であるサイボーグに改造されてしまった少年・島村ジョー。ゼロゼロナンバー9人目のサイボーグ戦士・009となった彼は、同じように改造された8人のサイボーグ戦士たちとともにブラック・ゴーストから脱走する。戦争のための人間兵器として改造手術を受けながらも、9人のサイボーグたちが組織に反旗を翻し、世界から争いを無くすために戦う物語。

■株式会社フェイスネットワークについて  (リンク »)
住みたい街として安定的な人気を誇る城南3区エリア(世田谷区・目黒区・渋谷区)を中心とした、新築一棟マンションによる不動産投資支援事業をメインに展開。土地の仕入れ・設計・建設から物件管理・売却に至るまで、全てを自社で管理するワンストップサービスを提供。独自ブランド「GranDuo(グランデュオ)」などを展開し、設立から現在までの16年で合計150棟以上の新築一棟マンションをプロデュース。また、建物の可能性の幅を広げるべく2017年4月よりリノベーションも手掛け、コンセプトのある住居やシェアオフィスによって人生を豊かにするコミュニティと場を提供する「GrandStory(グランストーリー)」事業を展開。マンションオーナー様の夢の実現サポートと、城南3区エリアでの理想のライフスタイルを叶えるマンションの提供を行います。

証券コード:東証マザーズ3489
住所   :東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-1 FaithBldg.
代表取締役:蜂谷二郎
事業内容 :不動産業/建設業/一級建築士事務所

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]