編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スーパーデリバリーにぷんぷく堂が出展 日本文具大賞グランプリ受賞の「あなたの小道具箱」を含めたオリジナル文具の販売開始

ラクーン

From: PR TIMES

2018-07-11 10:01

2018年7月11日、株式会社ラクーン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小方 功) が運営する卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」とその越境ECサービス「SD export」に株式会社ぷんぷく堂(本店:千葉県市川市、代表取締役:櫻井 有紀、以下 ぷんぷく堂)が出展し、国内外へ向けて文具の販売を開始しました。



[画像1: (リンク ») ]


ぷんぷく堂は千葉県で文具店としてスタートしました。その独自の世界観や商品に対するこだわりから徐々にファンが増え人気が拡がり、現在はオリジナル製品を卸販売する文具メーカーとしても活動しています。

2017年には名だたる大手文具メーカーをおさえ、ぷんぷく堂オリジナルの道具箱『あなたの小道具箱』が日本文具大賞のデザイン部門でグランプリに選ばれました。小道具を収納するのに最適なサイズ感や心地よい手触り、鮮やかな色味等のデザイン面はもちろん、素材に50年は持つという丈夫な硬質パルプを使用し、都内の工場で一つ一つ手作りするというこだわりが評価されています。

[画像2: (リンク ») ]


ぷんぷく堂はスーパーデリバリーに出展することで初の海外販売に取り組み、海外の小売店や企業へ向け積極的な販路拡大を行います。スーパーデリバリーとしても、国内外で人気の高い機能性とデザイン性を兼ね備えた文具を扱うことで流通額拡大を狙います。


【スーパーデリバリーでの販売ページ】
(リンク »)
【SD exportでの販売ページ】
(リンク »)


■参照

[画像3: (リンク ») ]


株式会社ぷんぷく堂
(リンク »)
所在地:千葉県市川市八幡5-6-29
代表者:代表取締役 櫻井 有紀


[画像4: (リンク ») ]


スーパーデリバリー 
(リンク »)
スーパーデリバリーは、メーカーと小売店・サービス業などの事業者が利用する卸・仕入れサイトです。商品掲載数は約71万点。メーカーにとっては、地域を超えた全国 97,200店舗への販路拡大ツールとして効果を発揮し、小売店にとっては1,272社の出展企業とインターネットを通して取引でき、仕入先を大幅に拡大することが可能です。メーカーと小売店の取引で発生するコストや手間、リスク等を解消し効率的な取引を実現します。(数字は全て2018年4月末現在)

[画像5: (リンク ») ]

SD export
(リンク »)
SD exportは卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の越境ECとなる輸出販売サービスで、日本国内のメーカーと海外の企業・小売店が取引できるBtoBの越境ECサイトです。メーカーは日本国内にあるスーパーデリバリー倉庫に商品を発送するだけで、世界134ヵ国の海外の小売店や企業と手軽に決済リスクのない取引をすることができます。商品掲載数は約24万点。約700社のメーカーが、世界30,000店舗への販路拡大ツールとして効果を発揮しています。
(数字は全て2018年4月末現在)

株式会社ラクーン
代表者 :代表取締役社長 小方 功
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号
設立 :1995年9月
資本金 :834,227千円(2018年4月末時点)
株式 :東京証券取引所市場第一部上場 証券コード3031
URL : (リンク »)

プレスリリースに関するお問合せ先
広報担当 有本/大久保
TEL:03-5652-1692 / MAIL:pr@raccoon.ne.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]