編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「AIを活用した飲食店におけるおもてなしのシステム化」のNEDO公募事業における提案採択のお知らせ

株式会社リノシス

From: PR TIMES

2018-07-11 13:01

この度、飲食・小売業界のリノベーションを目指す株式会社リノシス(本社:東京都渋谷区、代表取締役 神谷勇樹)は、株式会社モスフードサービスと共同で国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下NEDO)が公募した、平成29年度「AIシステム共同開発支援事業」(以下本事業)に採択され、2018年7月11日にNEDOより採択結果が公表されましたので、お知らせいたします。

深刻化する人手不足の波は、飲食企業の店舗運営に支障をきたすだけでなく、人件費高騰による収益性の大幅な悪化も生じさせています。飲食業全体では倒産件数も直近2017年は昨年比で2割増となるなど、このままでは業界全体が立ち行かなくなる恐れもある状況です。このような状況の中、リノシスは
・データとモバイルの活用による収益性の改善
・空気を読むAIによるおもてなしのシステム化
・一流のシェフの技を再現する自動調理技術の開発
に取り組むことで、飲食・小売業界の持続的成長に向け、多くの企業の支援を行っております。

本事業は、先端的なAI技術を保有するベンチャー企業と事業会社が連携したAIシステム開発およびビジネス化を行うベンチャー企業を対象とし、ベンチャー企業のAI技術開発を促進し、グローバル展開を見据えたデータ連携・共同事業を加速することを目的としてNEDOが公募を実施した事業です。

リノシスは、日本の飲食・小売企業の誇るおもてなしのデータ化・モデル化を通じたシステム化により、自然な接客を行うシステムの実現だけでなく、習熟度の低いスタッフでも「おもてなし」を実現できるようサポートするシステムの開発、並びに「おもてなし」を海外の店舗に展開することも見据え、「AIを活用した飲食店におけるおもてなしのシステム化」を提案し、採択されました。

リノシスは、今回の採択を足がかりとし、「おもてなし」を科学し、人手不足問題の解決だけでなく、すべての消費者が、より心地よい店舗体験を享受できるよう、研究開発を進めてまいります。

<リノシス会社概要>
名称:株式会社リノシス   所在地: 東京都渋谷区代々木1-21-12 ヤマノ26ビル3F-B
代表者:神谷勇樹      事業内容:飲食・小売企業向けシステムソリューションの提供

<モスフードサービス会社概要>
名称:株式会社モスフードサービス 所在地: 東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 4階
代表者:中村栄輔         事業内容:ハンバーガー専門店「モスバーガー」の全国展開 等

<お問い合わせ> リノシス 浜詰 TEL:03-4405-9525 MAIL:pr@renosys.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]