AI研究・学習に使われるプログラミング言語PythonでEV3を制御しよう

アフレル 2018年07月11日

From PR TIMES

~7/29(日)まで、Python×AI開発応援キャンペーンを展開~

株式会社アフレル(福井県福井市、代表取締役社長 小林靖英)は、企業や高等教育機関においてAI研究・開発に携わる方々に向け、プロトタイピングや解析結果の可視化ツールとして教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3を提案する「Python×AI開発応援キャンペーン」( (リンク ») )を実施いたします。



[画像1: (リンク ») ]


■キャンペーン概要
名称:Python×AI開発応援キャンペーン
期間:2018年7月11日(水)~2018年7月29日(日)ご注文受付分
対象:AIを用いた研究・開発に携わる大学、高専など高等教育機関の研究室 / 製造業、IT・通信関連、ロボット関連企業など
利用場面:PythonプログラミングによるEV3制御の学習、EV3を使用したAI研究・開発

■対象商品 
「教育版EV3 PythonプログラミングセットA」(型番:EV3PYTSET-A)
PythonによるEV3制御を解説したガイドはアフレルだけの取扱いで、プログラミング環境の構築からロボットの組立て、センサー、モーター制御までPythonによるロボットプログラミングの導入学習をサポートします。また、初回の環境構築に必要なLANアダプターがセットされているため学習を始めやすく、ダウンロードによるサンプルプログラムの提供もございます。
(注:学習に必要なMicro SDHCカードはお客様にてご用意ください。
準備物  (リンク ») )
[画像2: (リンク ») ]



セット内容
▪ 教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3基本セットV2(SW付)[EVR45544S]
▪ DCアダプター [EVP45517]
▪ USB型 LANアダプター(BU) [UA3-U2-ATX]
▪ 教育版EV3 Pythonプログラミングガイド [EVGPYT01]

特別価格:56,840円(税込 61,387円)
(標準価格:59,840円(税込 64,627円))

■EV3の動的シミュレーション、デモンストレーションでの活用
(リンク »)
教育版レゴ(R) マインドストーム(R) EV3は、ARM9を搭載したLinuxプラットフォームで、AI、IoTを活用した研究・開発や製品・サービスの企画におけるプロトタイピングツールに適した製品です。高品質なパーツは組み替えが容易で動作の再現性が高く、また安価に入手できる点も動的シミュレーションやデモンストレーションの制作においては大きな魅力となります。EV3は、日本を代表する電機メーカーで鉄棒ロボットやブランコロボット等のデモンストレーションに採用された他、深層学習で知られる日本発のベンチャー企業が海外の展示会で披露した自動運転システムのデモンストレーションにも使用されています。

■ご購入や商品に関するお問合せ先
アフレル/カスタマーセンター( (リンク ») )までお問合せください。

【株式会社アフレルについて】
明るい未来社会づくりに向けて、家庭・学校・企業まで幅広い層に向け教育支援サービスをご提供します。最新のテクノロジー、特にロボット技術を駆使して、ソフトウェア開発過程や成果の「見える化」、そして教育効果の「見える化」をロボットの動きで実現し、知的な感動を生む新しい教育サービス・教材の企画・開発・販売により人材育成の現場のみなさまを支援します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]