編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

超大型MMORPG『ArcheAge(アーキエイジ)』「Re:フレッシュサーバー」先行キャラクター作成イベント開始!「ArcheAge4.5 新世の鼓動」の情報第4弾も更新!

株式会社ゲームオン

From: PR TIMES

2018-07-12 10:01

 株式会社ゲームオン[本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 相燁(イ サンヨプ)] は、超大型MMORPG『ArcheAge(アーキエイジ)』において、本日7月11日(水)より「Re:フレッシュサーバー」の先行キャラクター作成イベントを開始いたします。また「ArcheAge4.5 新世の鼓動」の情報第4弾も更新しております。



[画像1: (リンク ») ]

■ Re:フレッシュサーバー 先行キャラクター作成イベント開始
『ArcheAge』では7月18日(水)メンテナンス後より「Re:フレッシュサーバー」と銘打った新サーバーを公開いたします。
それを記念し、本日7月11日(水)メンテナンス後より、キャラクターを先行作成できるイベントが開始いたします。サーバーオープンする7月18日(水)メンテナンス前までにキャラクターを先行作成した皆様全員へ、はじめての冒険で役立つアイテムをプレゼントいたしますので、これを機会に是非自分だけのキャラクターを作成してみてください。

■ ArcheAge4.5 アップデート内容 - 第4弾
本日の更新では、生産関連の調整に関するアップデート内容を公開しております。
《1》 強化しても壊れない「強化停止」 の導入
一定等級を超えた武器防具の強化が失敗した際、壊れてしまうリスクがありました。今回のアップデートでは、製作装備に限り、強化に失敗しても「強化停止」となり壊れることが無くなりました。
[画像2: (リンク ») ]


《2》 「マント」や「戦士のネックレス」の調整
戦士のネックレスは13段階のさらに上、14段階が実装されます。マントは合成することでランダムで能力値が付与されていましたが、今回のアップデートから、ある程度狙って付与させる事が可能となりました。
[画像3: (リンク ») ]


《3》クレセントストーンに上位版が追加
アップデート「渦巻く絶海の戦い」にて実装された新しいクレセントストーンにさらに上位の段階が登場します。
[画像4: (リンク ») ]



先行キャラ作成キャンペーンが開始され、楽しみが増す『ArcheAge』を是非ご期待ください。

< Re:フレッシュサーバー特設サイト>
(リンク »)
<アップデート特設サイト>
(リンク »)
<『ArcheAge』オフィシャルサイト>
(リンク »)
<『ArcheAge』メンバーサイト>
(リンク »)
●コピーライト表記
Copyright (C) 2012-2018 ArcheAge has been licensed by XLGAMES Inc. ArcheAge (R) is a registered trademark of XLGAMES Inc., Ltd. All rights reserved. Published by GameOn Co., Ltd.

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]