「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」ゲストキャスト解禁!高良健吾、島本須美、村瀬 歩が出演!劇場版主題歌は「Uru/remember」に決定!

株式会社アニプレックス 2018年07月12日

From PR TIMES

さらに、第2弾キービジュアル/本予告/あらすじ/キャスト動画コメント等の情報を公開!



[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



2018年9月29日(土)全国ロードショー「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」のゲストキャストとして、 津村椋雄役を高良健吾さん、(椋雄の母)津村容莉枝役を島本須美さん、(夏目貴志の昔の友人)結城大輔役を村瀬 歩さんが演じることと、劇場版の主題歌はUru「remember」に決定したことを発表いたしました!
先日行われた高良健吾さんのアフレコ時の様子、ゲストキャスト3名のアフレコ後コメントも公開いたします。

新ビジュアルの第二弾キービジュアル、本予告・ゲストキャラクター設定、あらすじ、前売券情報、神谷浩史さん・井上和彦さんのコメント映像も発表いたしました。

神谷浩史さん・井上和彦さんコメン&本予告映像
[動画1: (リンク ») ]





◆津村椋雄(つむらむくお)役/高良健吾さん アフレコ時の様子&コメント
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]

好きな作品でしたので、劇場版に出演する機会をいただき、とても嬉しく思っています。声優の経験はあまりないのですが、不思議な魅力を持った青年・椋雄を僕なりに精一杯演じました。心温まる素敵な作品です。是非お楽しみいただけると幸いです。

◇津村椋雄キャラクター
[画像5: (リンク ») ]

容莉枝の一人息子。母親思いの優しい青年。ひょんなことから夏目と出会い交流していく。おっちょこちょいなところがある。

高良健吾コメント&本予告映像
[動画2: (リンク ») ]





〈高良健吾/プロフィール〉
1987年11月12日、熊本県出身
[画像6: (リンク ») ]

2007年 映画「M」第19回東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門特別賞
2010年 映画「おにいちゃんのハナビ」第23回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎新人賞
2011年 映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」第20回日本映画プロフェッショナル大賞・新人奨励賞
2012年 映画「軽蔑」第35回日本アカデミー賞 新人俳優賞第26回高崎映画祭最優秀主演男優賞
2013年 映画「苦役列車」第36回日本アカデミー賞 助演男優賞
2014年 映画「横道世之介」第56回ブルーリボン賞 主演男優賞
2015年 映画「悼む人」「きみはいい子」第28回日刊スポーツ映画大賞 主演男優賞

◆津村容莉枝(つむらよりえ)役/島本須美さんコメント
初めての劇場作品、おめでとうございます。さり気ない日常の中での幸福と不思議。子を思う母の心をお伝えできていればいいのですが・・・それから、ちょっとだけチャレンジしているシーンがあるんですよ。お楽しみください。

<島本須美/プロフィール>
12月8日、高知県出身
[画像7: (リンク ») ]

代表作:「風の谷のナウシカ」(ナウシカ役)他多数

◇津村容莉枝キャラクター
[画像8: (リンク ») ]

レイコと面識のある切り絵作家の女性。夏目と出会い、息子の椋雄とともに交流していく。

◆結城大輔(ゆうきだいすけ)役/村瀬 歩さんコメント
幼いときに生じてしまった小さな綻び、「見える」という嘘がその後気まずく妙にリアルに描かれていて刺さりました。その昇華も含め、爽やかに描かれています。是非ご期待ください!

<村瀬 歩/プロフィール>
12月14日、アメリカ合衆国出身
[画像9: (リンク ») ]

代表作:「ハイキュー!!」(日向翔陽役)他多数

◇結城大輔キャラクター
[画像10: (リンク ») ]

夏目の小学校時代の同級生。変わったことを言うため、周りから浮いた存在だった。

◇劇場版主題歌が「Uru/remember」に決定!
[画像11: (リンク ») ]

<Uru/プロフィール>
聞く人を包み込むような歌声と、神秘的な存在感で注目を集めるシンガー。
2013年よりYouTubeチャンネルを立ち上げ、様々なジャンルの楽曲をカバーする事をスタート。100本に及ぶ動画をアップし続けた結果、デビュー時点で総再生回数は4400万回以上、チャンネル登録者は14万人越えとなり、新人にも関わらず幅広い世代から支持を得る存在となる。2016年6月1stシングル「星の中の君」でソニー・ミュージックよりメジャーデビュー。コンスタントにリリースを重ね1stアルバム「モノクローム」を2017年12月にリリース。早耳のリスナーからの支持は、メジャーデビューを経て様々なメディアやSNSで顕在化し、日々新しいファンを獲得している。ドレープ状の幕が幾重にも重ねられた幻想的なステージも話題を呼んでおり、限られた本数しか行っていないライブは毎回チケットが即完売している。

<コメント>
原作と劇場版のお話を全て読ませて頂き、人間と妖の話なのだけれど、私達が生きていく上で経験する、出会いと別れが根本にあり、孤独や寂しさ、人の優しさや愛情など、全てが詰め込まれた本当に感動の名作だなと感じました。お子さんだけでなく大人の方にも是非観て頂きたい作品です。そして、それ故、主題歌もそれに添うものでありたいと思いました。必ず誰もが一度は経験する出会いや別れ、その時の心の動きや背景を曲を聴いた方がご自分の経験と重ね合わせた時に、何か温かい気持ちになれるような、そんな意味も込めて制作しました。劇場で感じて頂ければ嬉しいです。

■楽曲情報 Uru/remember 作詞・作曲:Uru 編曲:トオミヨウ(Sony Music Associated Records)
<OFFICIAL WEBSITE> (リンク »)

◇本予告映像
[動画3: (リンク ») ]





◇あらすじ
小さい頃から、他の人には見えない妖(あやかし)を目に映すことができた夏目貴志。
亡き祖母レイコが勝負をしかけ、負かした妖に名前を書かせた契約書の束「友人帳」を継いで以来、自称用心棒・ニャンコ先生とともに、妖たちに名を返す日々――。

人と妖の間で忙しい毎日を送る夏目は、偶然昔の同級生・結城と再会したことで、妖にまつわる苦い記憶を思い出す。そんな頃、夏目は、名前を返した妖の記憶に出てきた女性・津村容莉枝と知り合う。レイコのことを知る彼女は、いまは一人息子の椋雄とともに穏やかに暮らしていた。彼らとの交流に心が和む夏目。だが、親子の住む町には謎の妖が潜んでいるらしかった。そのことを調べに行った帰り、ニャンコ先生の体についてきた"妖の種"が、藤原家の庭先で、一夜のうちに木となって実をつける。どことなく自分に似た形のその実を食べてしまったニャンコ先生が、なんと3つに分裂してしまう――!?
[画像12: (リンク ») ]

[画像13: (リンク ») ]

[画像14: (リンク ») ]

[画像15: (リンク ») ]

[画像16: (リンク ») ]

[画像17: (リンク ») ]

[画像18: (リンク ») ]


◇第二弾特典付き 全国共通特別鑑賞券が7月13日(金)より発売決定!(※券面公開)
[画像19: (リンク ») ]

●発売日:7月13日(金)
●税込価格:1,500円 ※当日一般1,800円の処
●特典:友人帳 和紙付箋
●販売場所:全国上映劇場

※特別鑑賞券のデザインは1種類のみとなります。
※特典は数に限りがございます。なくなり次第、鑑賞券のみの販売となります。

◇伝説のラジオが復活!? ラジオ「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみの章~」の配信が決定!
「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ」の公開を記念し、WEBラジオが復活!
パーソナリティーは、ニャンコ先生・斑役の井上和彦さん&田沼 要役の堀江一眞さん。
7月24日(火)より毎月24日配信いたします。(全4回予定)
※初回のゲストは、夏目貴志役の神谷浩史さんが登場!!

<イントロダクション>
「夏目友人帳」シリーズ初の長編オリジナルエピソードがスクリーンに登場
2003年の初出当初から多くの読者を魅了してきた緑川ゆきの代表作「夏目友人帳」(白泉社 月刊LaLa連載)は、優しさと切なさの溢れる描写が話題となり、漫画ファンを中心に圧倒的な支持を得てきました。TVアニメ第一期は2008年に放送を開始、その後2017年の第六期まで継続され、深夜アニメとしては他に類を見ないロングシリーズとなりました。
そして、2018年秋、アニメ「夏目友人帳」の集大成ともなる劇場版がスクリーンに登場。
本作では、シリーズ初の長編映画として、原作者監修による完全新作のオリジナルエピソードが描かれます。
総監督は、第一期~第四期TVシリーズの監督(第五期~第六期は総監督)をつとめ、実写的な演出に定評のある大森貴弘。監督はアニメーターとしても幅広く活躍する伊藤秀樹。脚本は数多くの劇場作品を手掛けてきた村井さだゆき。アニメーション制作はTVシリーズを担当してきた朱夏。確かな実力と多くの経験を積んだスタッフの手によって、待望の劇場アニメーションが誕生します。

<スタッフ>
原作:緑川ゆき/月刊LaLa(白泉社)連載
総監督:大森貴弘 監督:伊藤秀樹 脚本:村井さだゆき 妖怪デザイン・アクション作監:山田起生 サブキャラクターデザイン:萩原弘光 美術:渋谷幸弘 色彩設定:宮脇裕美  編集:関 一彦 撮影:田村 仁・川田哲矢 音楽:吉森 信 アニメーション制作:朱夏 製作:夏目友人帳プロジェクト 配給:アニプレックス

<キャスト>
夏目貴志:神谷浩史 ニャンコ先生・斑:井上和彦 夏目レイコ:小林沙苗 夏目貴志(少年時代):藤村 歩
結城大輔:村瀬 歩 藤原塔子:伊藤美紀 藤原 滋:伊藤栄次 田沼 要:堀江一眞 多軌 透:佐藤利奈
西村 悟:木村良平 北本篤史:菅沼久義 笹田 純:沢城みゆき 名取周一:石田 彰 柊:ゆきのさつき 笹後:川澄綾子 瓜姫:樋口あかり ヒノエ:岡村明美 三篠:黒田崇矢 ちょびひげ:チョー 一つ目の中級妖怪:松山鷹志 牛顔の中級妖怪:下崎紘史 河童:知桐京子 津村容莉枝:島本須美 津村椋雄:高良健吾

【劇場版公式サイト】 (リンク »)
【パッケージ情報サイト】 (リンク »)
【アニメ公式Twitter】@NatsumeYujincho

画像を使用の際は、下記のコピーライト表記の記載をお願いいたします。
(C)緑川ゆき・白泉社/夏目友人帳プロジェクト

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]