サイバーセキュリティクラウドが“日本国内のサイバー攻撃”に焦点をあてた 「WEBセキュリティ ホワイトペーパー」を公開 日本企業のサイバー攻撃事情 ~2017年度観測データから読み解く~

株式会社サイバーセキュリティクラウド 2018年07月12日

From PR TIMES



 株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野 暉、以下「サイバーセキュリティクラウド」)は、昨年2017年において当社が提供しているクラウド型WAF「攻撃遮断くん」で観測されたサイバー攻撃の状況についてまとめた「WEBセキュリティ ホワイトペーパー」を公開いたします。

 「攻撃遮断くん」を利用する企業のうち、対象は日本企業が運営しているWebサイト・Webサービスに限っている為、2017年に日本国内企業が実際にどのような攻撃を受けていたのか、傾向を分析可能となります。日本国内で商用利用しているWebサイト・Webサービスが受けているサイバー攻撃に焦点を当てた統計データは数が少ないため、本レポートを公開することで、企業に対してサイバーセキュリティに関する意識喚起を行ってまいります。

■WEBセキュリティ ホワイトペーパー:
『日本企業のサイバー攻撃事情~2017年度観測データから読み解く~』
⇒ダウンロードはこちら  (リンク »)
[画像1: (リンク ») ]



■目次:
1.はじめに
2.2017年のサイバー攻撃について
3.Apache Struts2の脆弱性を悪用した攻撃
4.2017年に観測された攻撃の推移
5.攻撃元(発信源)の国別割合
6.攻撃種別の割合
7.企業規模別の平均攻撃数
8.おわりに(総括)

■「攻撃遮断くん」について

[画像2: (リンク ») ]

「攻撃遮断くん」は、Webサイトへのサイバー攻撃を可視化・遮断するクラウド型WAFのWebセキュリティサービスです。
官公庁や金融機関をはじめ、大企業からベンチャー企業まで業種や規模を問わず様々な企業にご利用いただき、
2013年12月のサービス提供開始から約3年半で累計導入社数・導入サイト数 国内第1位※1を記録しています。

※1出典:「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2017年8月25日現在)<ESP総研調べ>(2017年8月調査)

■株式会社サイバーセキュリティクラウドについて
会社名:株式会社サイバーセキュリティクラウド
所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町24-4 第5富士商事ビル4階
代表者:代表取締役 大野 暉
設立:2010年(平成22年)8月
URL: (リンク »)
    (リンク »)
「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」この理念を掲げ、サイバーセキュリティクラウドでは、自社で一貫してWebセキュリティサービスの開発・運用・保守・販売を行っています。全ての企業様が安心安全に利用できるサービスを開発し、情報革命の推進に貢献するために私たちは挑戦し続けます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]