編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

『Airwheel R5』、付属輪行バッグのデザイン決定&専用前カゴのリターン追加♪ もっと楽しく、快適に~

阿芙株式会社

From: PR TIMES

2018-07-11 09:00

100%電気エネルギ、とても静かで優れた静音性がポイント!

『Airwheel R5』は、折りたたみ式でコンパクトに収納でき、実用性とおしゃれさを両立した1台!只今、GREEN FUNDINGで6,528,060を募集でき、435%の目標達成!!
(リンク »)



ご存知ますか?折りたたみ自転車を電車に持ち込む場合、最低限守らなければならないルールやマナーがあります。例えば、突起物タイヤ等が隠れるカバーやケースに入れないと車内に持ち込むことはできません。こういうことで、こちらのR5は輪行バッグが付属しております。
[画像1: (リンク ») ]

軽くてタフな600Dポリエステルを採用し、快適に収納する前提で設計されています。また、バッグを丸めてコンパクトに収納できるように、専用の収納ポーチも付属しております。輪行バッグ本体も持ち運びやすいです。

[画像2: (リンク ») ]


JRなどの電車内に自転車を持ち込む際は専用の輪行バッグに完全に入れて持ち運びくださいね。
[画像3: (リンク ») ]

さらに、皆様の通勤と外出をもっと楽しく快適にしますように、新たな「専用前カゴ」のリターンも追加させていただきました!

では、通勤と外出を楽しく快適にする3つのモードを詳しくご紹介しましょう~



1.ペダル(自転車)モード


[画像4: (リンク ») ]


モーターをまわさなくて電池の消耗もしなく、通常の自転車のようにペダルを漕いで走行が可能です。万が一、車体が電池切れとなってしまい、目的地までたどり着くことができます。
通常の自転車より若干ペダルが重く感じられる可能性がありますが、こういうことで運動したい望みを叶えます。

2.フル電動モード


[画像5: (リンク ») ]


漕がずに風を切る感覚は最高!右ハンドルの変速レバーを回すだけで、モーターの力でバイクと同じような走行が可能となります。最高速度は約27kms/hとなります。
電力機器、ギヤボックス及びブレーキがハブに直結して組み込まれて、235Wブラシレスモーターを搭載しております。安定して強力なパワーを供給し、軽快に走り出すことを実現します。

3.アシスト(ハイブリッド)モード


[画像6: (リンク ») ]

ペダルとモーターを同時に使います。「モーターが自分足をサポートしてくれる」ような感じで、坂道でも楽に走行することができます。内装9段変速で、最大で約100kmの長距離走行ができ、目的地が遠くても安心。
スピードセンサーを搭載することによって、踏む力や速度を感知することが可能となります。ペダルを楽に回せない坂道や重い荷物を積載している時、踏み込むことでアシストされます。

『Airwheel R5』をもっと知りたい方はコチラ!
クラウドファンディングページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]