編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ネットマーブルの次世代MMOストラテジー『アイアン・スローン(Iron Throne)』 新コンテンツ「連盟デスマッチ」追加!

ネットマーブルジャパン株式会社

From: PR TIMES

2018-07-13 12:01

● 連盟間での20人対20人のチームバトル「連盟デスマッチ」登場!連盟メンバー同士の協力と連携が重要!
● 新たに3人のヒーロー「混沌の幽鬼」、「ローレン」、「シャヒーン・アル・ラシェード」を追加!



[画像1: (リンク ») ]

 Netmarble Corp.(以下、ネットマーブル)は、iOS/Android対応の次世代型MMO(Massively Multiplayer Online 以下、MMO)ストラテジー『アイアン・スローン(Iron Throne)』(開発:4PLAT)において、7月12日(木)にゲームのアップデートを実施し、新コンテンツとなる「連盟デスマッチ」モードを実装したことを発表いたします。

 今回のアップデートで実装した「連盟デスマッチ」は、連盟メンバーとの協力や連携が重視される新コンテンツです。対戦方式は、20人対20人で行われる既存の「チームデスマッチ」と同じですが、連盟単位で参加を申請し、他の連盟と対戦を行います。プレイヤーは連盟間の対戦を通して、実力を競い合うことができるようになりました。

[画像2: (リンク ») ]

※画像は英語版のものです。実際のゲームは日本語表記となります。

 本アップデートでは、新たにヒーロー3人を追加しました。「タウンモード」に登場していたNPCキャラクター「混沌の幽鬼」と「ローレン」を、プレイヤーが獲得できるヒーローとしてゲームに追加しました。「混沌の幽鬼」と「ローレン」は、ミッション達成報酬として獲得することができます。また、アラブ系のヒーロー「シャヒーン・アル・ラシェード」を追加しました。

[画像3: (リンク ») ]


 ヒーローの種類が多様になり、連盟間のチーム対戦を手軽に楽しめるようになったこの機会に、是非『アイアン・スローン(Iron Throne)』をプレイしてください。

 『アイアン・スローン(Iron Throne)』の詳細につきましては、公式サイト( (リンク ») )で紹介しておりますので、ご確認ください。

< 以上が、プレスリリースの情報となります >

■『アイアン・スローン(Iron Throne)』とは
 『アイアン・スローン(Iron Throne)』は、全世界の様々なユーザーと一緒に遊ぶ面白さを堪能できるように企画したネットマーブル初のMMOストラテジーゲームです。他のユーザーと競い合いながら王国を築きあげていくというゲーム本来の面白さを引き立てるために、建設、生産、戦闘などのストラテジーゲーム特有の要素に、ヒーロー育成などのRPGの要素を加えることで、今までにない複合的な面白さをプレイヤーが感じられる作品となっています。戦闘に特化したコンテンツや、ユニークなヒーローシステム、360度のフル3Dグラフィックスなど、ストラテジーゲームの常識を覆す『アイアン・スローン(Iron Throne)』の面白さをぜひ体験してください。

・StoreURL
【App Store】
  (リンク »)
【Google Play】
  (リンク »)

・公式ムービー
【プロモーションムービー】

[動画1: (リンク ») ]



【運営・開発インタビュームービー】

[動画2: (リンク ») ]



・公式サイト
  (リンク »)
・公式Facebook
  (リンク »)

◆アイアン・スローンについて◆
[ タイトル ] アイアン・スローン(Iron Throne)
[ 提供元 ] Netmarble Corp.
[ 開発元 ] 4PLAT
[ 対応端末 ] Android ver.4.0.3以降 / iOS ver.8.0以降
[ 価格 ] 基本無料(アプリ内課金あり)

下記のコピーライトの表示をお願いいたします。
Copyright (C)Netmarble Corp. All Rights reserved.

◆Netmarble Corp.について◆
 ネットマーブルは、世界中の人々に楽しく良質なゲームを提供しております。現在、全世界で急成長しているモバイルゲーム会社の一つであり、全世界を代表する開発社兼パブリッシャーです。2000年に韓国で設立されて以来、4,000人を超える従業員と共にリネージュ2 レボリューション (Lineage2 Revolution)、マーベル・フューチャーファイト(MARVEL Future Fight)、セブンナイツ(Seven Knights)、ゲットリッチ等の良質なモバイルゲームをリリース、サービスしてきました。グローバルMMORPGゲームの開発社Kabamの親会社であり、グローバルカジュアルゲームの開発社Jam Cityの最大株主でもあるネットマーブルは、アジア最大のエンターテイメント企業CJ E&M、アジア最大のインターネット企業Tencent Holdings、MMOで有名な企業NCsoftと戦略的パートナーシップを締結し、協力し合ってきました。ネットマーブルに関する詳しい情報は、 (リンク ») をご覧ください。
 日本国内では、ネットマーブルの日本法人であるネットマーブルジャパン株式会社がスマートフォン向けモバイルゲームのサービス提供を行っています。詳しい情報は、 (リンク ») をご覧ください。


■■これら情報の詳細および画像素材は、下記アドレスよりダウンロードいただけます。■■
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]