編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドRPA「BizteX cobit」がHR Tech GP2018で働き方改革賞を受賞!

BizteX株式会社

From: PR TIMES

2018-07-13 12:01

誰でも簡単に定型業務を自動化できるBizteX cobitのサービスが、HR Tech領域においても高く評価されました。

国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」を提供する、BizteX株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:嶋田 光敏 以下BizteX)は、2018年7月10日に住友不動産六本木グランドタワーで開催された、「HR Tech GP2018」で、「働き方改革賞」を受賞致しました。




[画像1: (リンク ») ]

HR Tech GP( (リンク ») )は、国内のHRTech業界の活性化、市場創造、生産性向上への貢献をめざして、「HR領域」での課題解決のための各種サービスを創出する優秀なスタートアップ発掘を目的に、2017年より株式会社ウィルグループと一般社団法人日本中小企業情報化支援協議会が共同で立ち上げた「HR Tech GP運営事務局」が開催しているコンテストです。

この日は書類審査を通過した8社のファイナリストがプレゼンテーションを行い、クラウドRPA「BizteX cobit」は「働き方改革賞」を受賞。専門知識を必要とせず誰でも簡単に定型業務を自動化し、高い処理能力で代行することを可能とした機能性が、人事関連業務における業務効率化、生産性向上を高め、働き方改革の推進に貢献することを高く評価されたものです。
受賞に際し、BizteX株式会社代表取締役の嶋田光敏は、「今後、ワークスタイルだけでなくその先のライフスタイルにも変化をもたらすサービス・事業にしていきたい」とコメントしました。
働き方改革の実現に向けて注目を浴びているRPA(Robotic Proecss Automation)。労働時間の削減と生産性向上を目的に導入する企業が増えています。BizteX cobitはクラウドRPAのパイオニアとして、今後も、より幅広く多くのお客様の「働く」領域の課題解決のため製品・サービスを提供してまいります。


[画像2: (リンク ») ]

■クラウドRPA「BizteX cobit」について
「BizteX cobit」は定型業務の手順を記憶させ、人間の代わりに仕事をするデジタルロボットでRPA(Robotic Process Automation)と呼ばれるテクノロジーの1つです。クラウドを通じて提供されるため、インストールもプログラミングも必要なく、Webブラウザを立ち上げるだけで操作が行える、スモールスタートが可能なRPAツールです。デスク上の気軽に業務を頼めるパートナーのような存在でありたいという思いから、「こびと=コビット」と名付けられました。
BizteX cobit紹介動画  (リンク »)
[動画: (リンク ») ]

活用事例紹介  (リンク »)

■BizteX株式会社について
BizteX株式会社は「テクノロジーで新しいワークスタイルを創る」をミッションに2015年創業されたデジタルソリューションカンパニーです。国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」を提供し、テクノロジーの力で人間をルーティンワークから解放し、創造的な業務に集中できるようにすることで、生産性と創造性の向上や新しいワークスタイルの創造に貢献していきます。

■会社概要
会社名  BizteX株式会社
代表者  代表取締役 嶋田 光敏
設立   2015年7月
所在地  〒107-0061 港区北青山3-3-13 共和五番館2F-C
WEB    (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]