異世界でも未来でも、人生は結局お金次第? 大人におくるエンタメ小説レーベル〈ノベルゼロ〉、7月の新刊発売中!!

株式会社KADOKAWA 2018年07月14日

From PR TIMES

金金金、やっぱりお金が一番? 今月は「お金」にまつわる物語が2タイトル! “NOVEL Ø”7月新刊、7月14日(土)発売です!!



ノベルゼロ、今月の新刊は2点! なんやかんやいって人生お金がやっぱり大事、ということで今月は「お金」にまつわるタイトルをお届けです!
まずは『おっさん、不労所得で帝国を導く』。不労所得! 誰もが憧れるこの単語、しかし実現はなかなか厳しい。主人公である帝国の魔道師リュウは、紆余曲折を経て安穏としたセミリタイヤ生活を手に入れた羨ましい男。しかし現実はそう甘くなく……。
そして『平社員は大金が欲しい』は、コマーシャリズムが極端に肥大化したちょっとだけ未来の世界が舞台。そこで愛する女性のために、何故か戦うハメになってしまった平社員の社員生活を描くバトルコメディ!
「お金」を巡って巻き起こるドラマをお楽しみに! ノベルゼロ7月新刊は、7月14日発売です!

■ノベルゼロ7月新刊はこちら!

おっさん、不労所得で帝国を導く
著:藍藤唯 イラスト:タジマ粒子
定価:本体680円+税
[画像1: (リンク ») ]

〈仕事辞めて、好きなことして生きてるだけなのに、「国を操る黒幕」扱い!?〉
帝庁に勤め、同僚からも好まれ、皇帝の信も厚い若手魔導師・リュウ・クレソン。
しかし、彼を良く思わない一派から政争を仕掛けられ、左遷されてしまった。
新たな赴任先は小麦農園。余りの落差に落ち込む……こともなく、「食いっぱぐれないし趣味に没頭出来る」と考えたリュウは、有り余る時間と、なにもしなくても上がってくる農園からの不労所得、さらにいくらでも手に入る小麦を使い、趣味の料理を追求し始めた。
ついでとばかりに、暇つぶしに王都で屋台を始め、時折遊びに来る教え子達の成長を楽しみに見守りながら悠々自適な暮らしを楽しんでいるリュウ。

――しかし彼は知らない。教え子達の働きによって、自らの名が今も帝庁に響いていることを。
そして――教え子たちを使って背後から政治を操っていると噂されていることさえも。


平社員は大金が欲しい
誰でも出来るCM出演料10億への道
著:鏡銀鉢 イラスト:此処シグマ
定価:本体680円+税
[画像2: (リンク ») ]

〈彼女のために目指せ一攫千金!……ってなんで異能バトルさせられてんの!?〉
西暦2029年、第二次高度経済成長期に浮かれる世界。
高度に発達した技術を用いて生み出された超兵器・超人達が、企業のバックアップを受けて戦うバトルイベント《コマーシャルファイターバトル》、通称CMFBが全世界で大流行していた。
エンタメとCMを合体させた何でもありの戦いは、いつしか企業によるPR合戦の場となっていき、一攫千金を夢見る若者が集う一大興行になっていた。
愛する女性を救うため、日々借金返済に励む主人公・青衣陽平は、ある日突然、コマーシャルファイトに関わる新規部署への異動を命じられる。
「栄転だ!」と喜んだのも束の間、何故か「ファイター」として登録されており、チートレベルの脳波学習装置を提供されてバトルに参加することに!?
ただし、戦う相手は最強トップランカーばかりで……。

【ノベルゼロとは?】
レーベルコンセプトは、「大人の生き様」です。強大な敵に対し強く在りたい。逆境を打開したい。社会に抗い、誰にも恥じない生き様を見せたい――大人の男であれば誰もが求める「逆転感」を持つ痛快な物語を描き、提供する。「格好いい大人の生き様」をレーベルの唯一のテーマ・矜持とします。

■ノベルゼロ公式サイト (リンク »)
■小説投稿サイト「カクヨム」ノベルゼロページ (リンク »)
■Twitter公式アカウント @NOVEL0_Official
■Facebook (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社KADOKAWA の関連情報

株式会社KADOKAWA

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]