編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

1000万円目前!クラウドファンディング挑戦中。この技術を全国に!高齢者にも負担の少ない、8mm内視鏡による腰痛治療。

一般社団法人 大学支援機構

From: PR TIMES

2018-07-11 14:14

徳島大学西良教授がクラウドファンディングに挑戦中です。

整形外科の権威である徳島大学の西良教授が、世界でも例がない局所麻酔による脊柱管狭窄症などの腰痛治療を全国に普及させるためにクラウドファンディングに挑戦しています。



[画像1: (リンク ») ]


整形外科の権威である徳島大学の西良教授が、世界でも例がない局所麻酔による脊柱管狭窄症などの腰痛治療を全国に普及させるためにクラウドファンディングを開始します。

香川県立高松高校、徳島大学医学部時代は体操部であり、「身体の柔軟性を持つ整形外科医」という運動器の専門家としての原点があったと語る西良教授。


前任地の帝京大学溝口病院にて、局所麻酔で可能な経皮的内視鏡手術の第一人者である出沢教授に4年間直接指導を受け、脊椎外科およびスポーツ医学を中心に担当し、実績を積んできました。

現在西良教授が勤める大学病院のある徳島県は、長年続く日本一の糖尿病死亡率県です。
循環器疾患を伴う方が多く、更に大多数の高齢者には何らかの疾病がつきまとっており、できれば全身麻酔を避ける方が望ましい方が多くいます。
[画像2: (リンク ») ]


腰痛治療をあきらめる高齢者が多い中、西良教授は局所麻酔による内視鏡を使った手術を腰痛(脊柱管狭窄症など)治療に応用することを決意しました。3年にわたる技術改良やご遺体による手術の最終的な見極めなどを経て平成29年2月に1例目の手術に成功し以来30件を積み重ねてきました。
この手術は日本、更には世界でもあまり例がありません。


今回、局所麻酔による内視鏡を使った脊柱管狭窄症の治療の手術を今後さらに発展させて、多くの患者の方々を助けていくために
1. 本手術法の普及、一般化のための活動費用
2. 体に負担の少ない手術用内視鏡の開発費用
3. 治療法、手術法を更に発展させるための研究費用
の寄附を、クラウドファンディングサイト「Otsucle」にて受け付けます。


 実施期間 4月24日(火)~7月31日(火)
 目標額  500万円
 形式   寄付型・オールイン型
 アドレス  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]