編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「平成29年度食品製造業生産性向上緊急支援事業」において(株)ファーストフーズが事業者として採択

日本製粉株式会社

From: 共同通信PRワイヤー

2018-07-17 11:00

2018年7月17日

日本製粉株式会社

「平成29年度食品製造業生産性向上緊急支援事業」において
(株)ファーストフーズが事業者として採択

 日本製粉グループの(株)ファーストフーズ (代表取締役:矢澤茂德 本社:東京都八王子市)は、農林水産省「平成29年度食品製造業生産性向上緊急支援事業」において、事業者として採択されました。

 この度の採択は、中食製造販売事業を行う(株)ファーストフーズが、日本製粉(株)の開発した食材トッピングロボット「ニトロン」を導入する案によるものです。
 「ニトロン」は、製造ラインで人と並んで協働作業を行うことができること、製造する製品に合わせて設置位置・ハンドを容易に変更することのできる汎用性の高さが特長のロボットです。
 今回、(株)ファーストフーズにおけるパスタ盛り付けラインに「ニトロン」を導入することで、作業者の省力を行い、省人効果を検証いたします。

 「食品製造業生産性向上緊急支援事業」とは、食品製造業の生産性向上を図るため、生産性を飛躍的に向上させる設備の導入、即効性のある高性能設備の整備について成果を創出し、成功モデルを作ること等を目的とした、農林水産省による補助事業です。
 中食市場は、高齢化や単身世帯の増加、女性の社会進出等により、今後需要がさらに高まると考えられています。そのため製造現場においてはますます人手不足に陥る可能性が高く、特に作業員を多く要する具材の盛り付けラインの自動化・省力化が急務となっています。
 この度の採択を受け、「ニトロン」の展開に向けた取り組みを推進してまいります。

<ご参考> (株)ファーストフーズ 会社概要

■代表者 : 代表取締役 矢澤茂德
■主な事業内容 : 弁当、おにぎり、寿司、サンドイッチ、調理パスタなどの製造販売
■所在地 : 東京都八王子市明神町2-4-13
■ ホームページ :  (リンク »)



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]