編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

建築会社の施工実績をVRデータでカタログ化する新しいソリューション「VRカタログ(R)」を7月17日(火)よりサービス開始

ナーブ

From: PR TIMES

2018-07-17 12:01

リフォーム実績をリッチデータでプレゼン可能に



[画像1: (リンク ») ]


VR(バーチャルリアリティ)コンテンツのプラットフォームを提供するナーブ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:多田英起、以下、ナーブ)は、建築会社の施工実績をVRデータでカタログ化する新しいソリューション「VRカタログ」を開発し、7月17日(火)よりサービス開始いたします。
「VRカタログ」は、リフォーム施工の状況を臨場感あふれるVRデータで確認できるようデータのリッチ化を図り、クラウド上で一元管理して提供します。このデータはさらに、顧客向けに活用することもできるため、建築会社は自社の実績を顧客へのプレゼンテーションにも利用できるようになります。


【従来】
・建築会社は、自社の施工実績をテキストベース、もしくは写真数枚で示して提案。
・あるいは、施工物件に顧客を招待するなどの現場見学などの方法もあったが、手間やコストが大きいため現実にはそうした機会は限られていた。


【新サービス「VRカタログ」】
・臨場感あふれるリッチなVRデータで施工実績を保管可能になる。
・VRデータは、クラウドのデータベースで一元管理されるため、顧客に対して、簡単に便利に利用可能。


■リッチなVRデータで、施工実績をビジュアルで訴求
従来、建築会社が顧客に対して自社の施工実績を紹介しようという場合、テキストとともに写真データを示すか、実際に現場見学を行うといった方法しかなく、適切にイメージを伝えにくいという課題を抱えていました。
「VRカタログ」は、案件ごとに施工前後のVRデータをクラウドに蓄積していくことで、自社の施工実績を簡単に一元管理できるようになります。また、クラウドの保存された実績はどこからでも簡単に呼び出すことができ、顧客に対して、リッチなビジュアルで感覚に訴えるプレゼンテーションが可能になります。

[画像2: (リンク ») ]

360°3Dデータ(リフォーム施工前)の例




■「VRカタログ」概要
・名  称:「VRカタログ」
・サービス開始日:2018年7月17日(火)


■ナーブ株式会社について
ナーブ株式会社(NURVE)は、「人々のライフスタイルを変革するサービスの実現」を目指し、VR業界におけるマーケットリーダーとして、2015年に設立されました。「買って体験する」から「買う前に体験する」に。ナーブは、VR技術で、購買パターンを根底から変える今までにないプラットフォームを創りだし、企業の迅速な意思決定と迅速な変化対応能力の向上を支援するとともに、企業の顧客満足度向上にも役立つシステムを提供することを目指しています。

【会社概要】
代 表:  代表取締役 多田 英起(ただ ひでき)
本社所在地:東京都千代田区大手町1-1-1大手町パークビルディング7F
設 立:  2015年10月
資本金:  361百万円
事業内容: VR(バーチャルリアリティ)コンテンツのプラットフォームの提供
ホームページ: (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
ナーブ株式会社 広報部 担当:佐藤
TEL:03-6635-6199 E-mail:press@nurve.jp

【ナーブVRソリューションに関するお問い合わせ先(営業担当)】
TEL:03-6635-6199 E-mail:sales@nurve.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]