編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本中が注目!次世代の介護を担うコミュニティ「HEISEI KAIGO LEADERS」が全国展開に向けて800万円調達

株式会社Join for Kaigo

From: PR TIMES

2018-07-17 16:01

全国展開第一弾は、8月8日に大阪にて開催決定!

日本最大級の介護に志を持つ若者のコミュニティ「HEISEI KAIGO LEADERS(へいせいかいごりーだーず)」を運営する、株式会社Join for Kaigo(本社:東京都文京区本郷3-40-10 代表取締役:秋本 可愛)は、国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を利用し全国展開に向けた資金調達、目標金額800万円を達成しました。



[画像1: (リンク ») ]


■目次


超高齢化社会に立ち向かう次世代コミュニティ
クラウドファンディングでの資金調達の目的と今後
HEISEI KAIGO LEADERSとは?
今後の活動予定
発起人 秋本からのメッセージ


1.超高齢化社会に立ち向かう次世代コミュニティ
5人に1人が65歳以上となる世界に類を見ない超高齢社会に突入することが想定されている日本。これからの日本をより良い社会にするためには、それぞれの地域のプレイヤーが新しいアイディアを生み出し、新たな価値へとつなげる一歩を踏み出していかねばなりません。

しかし、介護領域のプレイヤーは 閉鎖的な環境や日々の忙しさに疲弊し、ほんとうは気づいている現場や地域の課題に主体的にはなれず、現状は悪化する一方。そんな状況を打破するために 私たちは人々がつながるきっかけを届け、それぞれの現場や地域をより良くするために一歩踏み出すため立ち上がりました。

2025年に向けて、全国の地域でそうした取り組みが当たり前となっている未来を目指して、私たちは挑戦していきます。
[画像2: (リンク ») ]



2.クラウドファンディングでの資金調達の目的と今後

2018年5月19日からの2ヶ月間、全国展開に向けた活動資金を調達するため、当団体として初めてのクラウドファンディング、目標金額600万円に挑戦致しました。締め切り8日前に目標金額に到達し、ネクストゴール800万円を達成致しました。今回の資金調達は「全国展開の活動資金」、「コミュニティ活動の継続に向けた基盤づくり」を目的に行いました。
[画像3: (リンク ») ]


■全国展開の活動資金の使い道

2018年8月の関西(大阪)、そして10月の北陸(金沢)から。その後2020年までに、北海道(札幌)・東北(仙台)・中部(名古屋)・中国(広島)・九州(福岡)でHEISEI KAIGO LEADERSの運営チーム(コミュニティ)を発足、継続的発展する若手リーダーのネットワークを広げていきます。そのための、活動資金(人件費、旅費交通費、広報費)に充てさせていただきます。


3.HEISEI KAIGO LEADERSとは?

HEISEI KAIGO LEADERSは、介護領域に志を持つ若者のコミュニティです。「2025年、介護のリーダーは日本のリーダーになる」をビジョンに掲げ、高齢化社会をポジティブかつ創造的に変革していこうという仲間と共に、アクションを起こしてきました。
[画像4: (リンク ») ]

HEISEI KAIGO LEADERS WEBサイト: (リンク »)

参加者約2000名。組織や職種の垣根を超え、HEISEI KAIGO LEADERSの存在を通して、介護の世界に新しい風を吹き込み、活き活きと活動をする若手リーダーが産まれ、ポジティブなアクションがスタートし始めています。

4.今後の活動予定

全国展開第一弾は、8月8日(水)に大阪で活動説明会の開催を予定しております。

日時:8月8日(水)19:00~21:00
場所:PINE BROOKLYN(大阪市福島区福島1-2-35)
参加費:2,000円
詳細・お申し込み: (リンク »)


5.発起人 秋本からのメッセージ

[画像5: (リンク ») ]

HEISEI KAIGO LEADERS 発起人
株式会社Join for Kaigo 代表取締役

みなさんのご支援・応援のおかげで初期目標金額600万円を達成することができ、さらに800万円という想定以上の資金を全国の皆さんからご支援いただきました!この約2ヶ月の期間、チャレンジする前は想像できなかった方からの熱い応援とお力添えをいただき、今日を迎えることができたと思っています。本当にありがとうございます。

この2年間での動きが、2020年以降に繋がる大切な時期であることを考え、「全国8都市でのコミュニティの2020年以降の継続、発展していくための運営基盤の確立」するための資金として丁寧に活用いたします。2025年を見据え、打ち上げ花火で終わってしまわず、継続、発展していくために全力を尽くします。


■運営団体
[画像6: (リンク ») ]

株式会社Join for Kaigo
「わたしが、介護のスイッチになる。」を掲げ、介護領域に志を持つ若者の全国最大規模のコミュニティ。
WEB: (リンク »)

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
E-mail:info@joinforkaigo.com
電話番号:03-6801-5628

社名 :株式会社Join for Kaigo
代表者 :代表取締役 秋本 可愛
所在地 :東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷7F 小野田高砂法律事務所内social hive HONGO

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]