~handy Japan、中期戦略3領域における事業強化を発表~第二弾:IoT領域の責任者に前ヤフーCMO/現LinkedIn日本代表の 村上 臣氏が就任

handy Japan 株式会社 2018年07月18日

From PR TIMES



[画像: (リンク ») ]


スマートフォンレンタルサービス「handy」を展開するhandy Japan株式会社(最高経営責任者:勝瀬博則、所在地:東京都、以下handy Japan)は、この度、中期戦略の注力領域である「Hotel IoT」の責任者Executive Advisor, Head of handy IoTとして、前ヤフー株式会社CMOであり、現在LinkedIn Japan日本代表を務める村上臣氏を迎えたことをお知らせいたします。モバイル領域で様々な知識を培い、エンジニアや経営戦略等さまざまな職種経験を持つ村上臣氏とともに、「Hotel IoT」事業の拡大に注力してまいります。

■「Hotel IoT」事業の強化へ
当社は7月2日、ソフトバンク株式会社との資本・業務提携契約締結に関する発表をいたしました。
中期戦略として、「Travel Agent」「Hotel IoT」「Media」の3領域に注力し、今後は「旅の総合プラットフォーム」を目指してまいります。
先般発表した「Travel Agent」CEO平林氏の就任に続き、このたび就任した村上 臣氏は、Executive Advisor, Head of handy IoTとして、宿泊施設向けに IoT ソリューションサービスの提供に尽力してまいります。handyレンタルを通し、スマートロックやインルームコントロール、無人チェックアウトなど、宿泊者のより快適な体験、宿泊施設の人的負担の軽減に努め、宿泊産業のIoT活用による産業革命を目指し取り組んでまいります。「handy」は、現在国内ホテルの30%弱※1にあたる、1700ホテル、約24万室の契約を突破しています。
(URL:www.handy-japan.com/future)

■村上 臣氏 略歴
氏名 : 村上 臣(むらかみ しん)
青山学院大学理工学部物理学科卒業。在学中に有限会社電脳隊を設立。モバイルインターネット黎明期において特に「WAP」の普及に尽力し、2000年、ヤフー株式会社へ入社。2012年から同社 執行役員 CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)に就任。現在は、LinkedInの日本代表を務める。

■村上 臣氏のコメント
「handyというタッチポイントを通じて、これまでの宿泊体験を一新するようなユーザー体験が構築できると考えています。2020年東京オリンピックに向けて各施設のアップデート、また5Gの本格展開により まさに日本からこのイノベーションが起きると信じています。今からワクワクした気持ちで一杯です。今後の進化にご期待ください。」

■「SoftBank World 2018」での登壇のご案内
2018年7月19日(木)-20日(金)、ソフトバンクグループ最大規模の法人向けイベント「SoftBank World 2018」にて、handy Japan CEO勝瀬博則および平林朗氏、村上臣氏が登壇し、事業構想についてご説明いたします。

・登壇日時 :2018年7月20日(金)/14:30~15:10
・登壇会場 :ザ・プリンス パークタワー東京
・タイトル :「旅マエ、旅ナカ、旅アトの観光総合プラットフォーム~handy~の目指す事業戦略」
・登壇詳細 : (リンク »)
・参加費  :無料(事前登録制)

※1: 厚生労働省 平成28年度衛生行政報告例 のホテル営業客室数869,810室を母数とし算出


[表: (リンク ») ]



■handy Japan Future Vision
(WEB) (リンク »)
(Movie) (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]