「シュミテクト 知覚過敏啓発キャンペーン」 全国5都市にて「シュミテクト 知覚過敏体験イベント」開催中!

グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社 2018年07月18日

From PR TIMES

『#シミたらシュミテクト』シュミテクト プレゼント」ツイッターキャンペーン 7月19日(木)より再開! 

日本で1番売れている(金額ベース)(*1) 知覚過敏症状予防ハミガキ「シュミテクト」



 英国系製薬企業グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社(社長:シッド・シン、本社:東京都港区)は、日本で1番売れている(金額ベース)(*1) 知覚過敏症状予防ハミガキ「シュミテクト」の「シュミテクト 知覚過敏啓発キャンペーン」として、全国5都市にて「シュミテクト 知覚過敏体験イベント」を開催いたしますとともに、「『#シミたらシュミテクト』シュミテクト プレゼント」ツイッターキャンペーンを7月19日より再開いたします。

 知覚過敏症状は成人の3人に1人が経験(*2)する身近な症状で、冷たいものや熱いものなどの刺激によって瞬間的な鋭い痛みや不快感を感じます。知覚過敏の症状をそのまま放置すると、症状を忘れて冷たいものを飲んだときに痛みや不快感を感じるだけでなく、痛みを感じる部分の歯磨きが不十分になることにより、歯垢が溜まって虫歯や歯周病(*3)に進行する恐れがあります。
[画像1: (リンク ») ]



■ご存知ですか? 7月25日は「知覚過敏の日」。
 知覚過敏症状の予防について理解を深め、お口の健康を維持する毎日のオーラルケアの重要性やその対策についてより多くの方々に知っていただくために当社が7月25日を「知覚過敏の日」と制定しました。暑い日が続き冷たいかき氷やアイスがより一層美味しく感じられるこの季節に、是非、「シュミテクト 知覚過敏体験イベント」にご参加いただき、知覚過敏チェックをしながら知覚過敏症状の予防について楽しく学んでください。また、投稿するだけで素敵なプレゼントが抽選でもらえる期間限定の「『#シミたらシュミテクト』シュミテクト プレゼント」ツッターキャンペーンにもご参加ください。

■全国5都市で「シュミテクト 知覚過敏体験イベント」を開催中!
 多くの来場者の方々から大変好評いただいた昨年の知覚過敏体験型イベント。2年目となる本年度の「シュミテクト 知覚過敏体験イベント」は、大阪、仙台、東京、福岡、名古屋の全国5都市で開催いたします。本イベントでは、来場者の方にアイスを召し上がってもらい知覚過敏チェックを行っていただきます。また、参加者全員に知覚過敏症状予防ハミガキ「シュミテクト」をプレゼントいたします。大阪で4月に開催したイベントは盛況のうちに終了しました。下記の通り、7月から実施されます仙台、東京、福岡、名古屋のイベントにおいても、全国の皆さんのご来場をお待ちしています。
[画像2: (リンク ») ]


イベント開催日程

仙台 東北放送「TBC夏まつり2018」 勾当台公園市民広場 (7月21日)
東京 「台湾フェスタ」 代々木公園 (7月28日~29日)
福岡 ライオン広場にて実施 (8月25日)
名古屋 「メ~テレ秋祭り」 久屋大通公園 (9月29日~30日の予定。30日の実施有無は未定。)
*イベントの日付は現時点の予定であり、変更になる可能性があります。

■「『#シミたらシュミテクト』 みんなのツイートで隠されたハッシュタグが見えてくる!
シュミテクト プレゼント」ツイッターキャンペーン (7月19日より再開)

[画像3: (リンク ») ]

 キャンペーンへの応募は簡単。「シュミテクト」のTwitter公式アカウント( (リンク ») ) をフォローし、「#シミたらシュミテクト」をつけてリツイートしていだいた方の中から、抽選で110名様に「Amazonギフト券」あるいは「シュミテクト」製品を、そしてツイートによって現れてくるハッシュタグをツイートした方の中から先着3名様に「Google Home」を差し上げます。

詳しくはこちらをご覧ください。 (リンク »)

応募方法
1. 1st Chance: シュミテクトの公式アカウント@ShumitectJapanをフォロー&「#シミたらシュミテクト」をリツイートして参加!抽選で「Amazonギフト券」あるいは「シュミテクト」製品をプレゼント!
2. 2nd Chance: 1.のツイートが増えるにつれて現れてくる、隠されたハッシュタグをいち早くツイート!
プレゼント内容
1st Chance: 「Amazonギフト券」1,000円分 (10名様)、「シュミテクト」製品 (100名様)
2nd Chance: 「Google Home」 (先着3名様)
応募期間
第2回目: 2018年7月19日(木)~8月1日(水)
イベント期間にあわせて、今後計3回実施される予定です。

■“キンとした痛み” ― 成人の約3人に1人(*2)が知覚過敏
知覚過敏症状は誰にでも起こりうる歯のトラブルです。シミる痛みを我慢せずに、適切なケアで症状を予防しましょう。

知覚過敏が起きるメカニズム
1. 歯のエナメル質がすり減って、象牙質が露出する
2. 象牙質を通じて歯髄神経(歯の神経)に刺激が届く
3. 歯に瞬間的な“キンとした痛み”が生じる
(知覚過敏の特徴は慢性的な痛みでなく一時的に歯がシミます)
[画像4: (リンク ») ]


知覚過敏の主な原因
・ 歯ぐきが下がる(加齢、歯周病(*3))
・ ストレスによる歯ぎしり・噛みしめの増加
・ 過度のブラッシングによって歯の表面(エナメル質)が傷つく
・ “酸”の過剰摂取によって、歯の表面(エナメル質)がダメージを受ける
(酸はスポーツ飲料や炭酸系飲料、ワイン、ドレッシング、フルーツなど、日常の食事に含まれます)

症状を引き起こす要因
飲食(冷たいもの、熱いもの、甘いもの、すっぱいもの)、冷たい風、ハブラシなど

対策(セルフケア)
・ 毎日ハミガキをする
知覚過敏になるとブラッシング時にハブラシが患部に当たることで痛みを感じるため、知覚過敏の周辺はハミガキがおろそかになりがちです。1日2~3回のハミガキで、お口の中を清潔に保つことが大切です。

・ 歯を頻繁に強く磨きすぎない
歯を強く磨きすぎたり、頻繁に磨きすぎたりすると、歯ぐきの後退や歯のエナメル質の摩耗につながることがあります。これらは象牙質の露出につながり、結果として知覚過敏症状の原因となるため、過度なブラッシングになっていないか注意が必要です。

・ より柔らかなハブラシを使う
歯を強く磨きすぎないよう、柔らかいハブラシを使用するのがお勧めです。「シュミテクト やさしく歯周ケアハブラシ 3次元フィット コンパクト」は、知覚過敏による痛みが気になる方でも、きちんとブラッシングできるように考案されたハブラシです。知覚過敏の歯や歯ぐきにやさしい歯ブラシを使って、適切なハミガキを心がけましょう。

・ 知覚過敏症状を防ぐハミガキを使う
知覚過敏症予防ハミガキ「シュミテクト」は、硝酸カリウムの働きにより、痛みを感じる歯髄神経に作用して、歯がシミる症状を防ぎます。ハミガキの使用を止めると、再びシミ始めるおそれがあるため、シミなくなっても続けて使用することをお勧めします。

お口の健康を維持するために、毎日のケアに加えて、歯科医院での定期的な検診も重要です。歯ぎしりをされる方、または朝起きた時に歯がシミる方は、早めに歯科医師にご相談ください。
[画像5: (リンク ») ]

(*1) インテージSRI 歯みがき市場 2017年1月~2017年12月累計(販売金額) (*2) 2014 Oral Health Care Categories Incidence and Penetration Omnibus (N=1000)  (*3) 歯肉炎・歯周炎の総称

※お手数をおかけしますが、 プレスリリースは下記リンクよりダウンロードいただけますようお願い申し上げます※
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]