編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AI×IoT時代に向けて、アドバンテックが東京エレクトロンデバイスと「エッジコンピューティング」の推進を発表

アドバンテック株式会社

From: PR TIMES

2018-07-18 12:01

~Microsoft Azure連携のIoTエッジコンピューティングソリューションの販売を推進~

産業用コンピュータの分野で世界トップクラスのシェアをもつアドバンテック(Advantech Co.Ltd)(本社:台湾台北市/日本法人:東京都台東区、社長兼日本地区最高責任者:マイク小池、以下、アドバンテック)は、東京エレクトロン デバイス株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:徳重敦之、以下TED)と、この度両社のパートナーシップを強化し、「エッジコンピューティング」を共に推進します。従来の組込みハードウェア単体のビジネスからIoTソリューションビジネスへの変革を目的として、Microsoft Azure連携のIoTエッジコンピューティングソリューションを共同開発し、その販売を推進します。

アドバンテックとTEDは以前より組込みビジネスのパートナーとして協業を行っておりましたが、今回、日本における更なる市場拡大を目指すアドバンテックと、組込みハードウェアの販売だけでなく高い技術力によるデザインサービスやMicrosoft AzureクラウドサービスとのインテグレーションでAI×IoTソリューションの販売の強化を目指すTEDは、パートナーシップの強化で合意に至りました。エッジコンピューティング推進の第一弾として、工場の装置の状態を可視化して稼働の効率化を図る「工場見える化キット」を共同開発中で、今後一般での販売も視野に入れ、TEDの連結子会社である株式会社アバール長崎の本社工場で実証実験を開始する予定です。

アドバンテック日本法人社長マイク小池は次のように述べています。
「TEDは日本全国に亘る広範な販売ネットワークを持ち、顧客からも高い信頼を得ております。AI×IoT時代に入り、ビジネスのあり方そのものを大きく変革する必要がある中、アドバンテックの持つIoTソフトウェア基盤のWISE-PaaSとハードウェアを拡販するためには、TEDのようなAI×IoTソリューションを販売できる高い営業力、お客様が必要とするITとOTの橋渡しを行なうソリューションサービスをタイムリーに提供できる強力な技術サポートを持つ協業パートナーが必要です。AI×IoT時代に向けて必要不可欠な戦略的パートナーとして、エッジコンピューティングの飛躍を共に推進して参ります。」

東京エレクトロン デバイス株式会社 執行役員 初見泰男氏は次のように述べています。
「エッジコンピューティングとIoTソリューションの世界的なイノベーターカンパニーのアドバンテックと協力して、革新的なIoTソリューションを顧客に提供することを楽しみにしております。従来のハードウェアビジネスに加えて、今後の成長が期待されるAI×IoT市場向けの製品、サービス機能強化を進めて参ります。」

アドバンテック製品一覧:
(リンク »)

■ アドバンテック株式会社について - インテリジェント プラネットの実現が我々の使命です –
台湾 Advantech Co., Ltd. (TAIDEX:2395)は、1983年の創業以来eプラットフォームのリーディング プロバイダとして、産業用コンピューティングやオートメーション市場における高品質でハイパフォーマンスな製品の開発・製造および販売に携わっており、現在では世界23カ国95都市に拠点を構えるグローバル企業です。得意とする組込み用ボードコンピュータや産業用マザーボードの販売に加え、お客様のニーズにきめ細かくお応えする産業用コンピュータのBTOサービスや、お客様の要求仕様に合わせて製品の設計から生産までを請け負うDMSビジネスも行なっています。また、グローバルな物流IT市場で確固たる存在感を持つ独DLoG社や、カジノ向けゲーム機器の分野で実績のある英Innocore社をグループに取り込むなど、積極的なビジネス拡大にも取り組んでいます。

また、近年コーポレート ビジョンである「インテリジェント プラネットの実現」を具現化するスマートシティ&IoTソリューション ビジネスの開拓に注力する当社は、積極的な製品およびソリューション開発に務めるとともに、インテル社ならびにマイクロソフト社をはじめ、さまざまなエコパートナー企業とのパートナーシップの強化を図っています。このようなエコパートナー企業との緊密な協力関係、および自らの研究開発投資によって、インテリジェント・システムを様々な産業に普及させ、地球上のあらゆる労働環境と生活環境をより豊かでスマートなものにしていくこと、- インテリジェント プラネットの実現 - が、我々アドバンテックの使命です。
(アドバンテック株式会社 ウェブサイト (リンク ») )

■ 東京エレクトロン デバイス株式会社について
東京エレクトロンデバイスは、半導体製品やビジネスソリューション等を提供する「商社ビジネス」と、お客様の設計受託や自社ブランド商品の開発を行う「開発ビジネス」を有する技術商社です。
URL: (リンク »)

【本件に関するお客様からのお問い合わせ先】
●アドバンテック株式会社
TEL :0800-500-1055(フリーコール)
FAX :03-6802-1022
Email:ajp_marcom@advantech.com

●東京エレクトロン デバイス株式会社
IoTカンパニー IAソリューション部 広中
TEL : 045-443-4017
FAX :045-443-4061
お問い合わせフォーム: (リンク »)

※ このニュース リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アドバンテック株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]