編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Repro、従業員の胃袋と「TastyTable」をグロースハック!サービスの相互導入でReproはあの文化、「Repro飯」が復活!?

Repro

From: PR TIMES

2018-07-18 12:01

Reproはアプリマーケティングを支援、TastyTableは同社初となる福利厚生としての導入に!

モバイルアプリ向けの分析・マーケティングツール「Repro(リプロ)」の提供およびアプリの成長支援コンサルティング等を手掛けるRepro株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:平田祐介、以下Repro)は、このたび株式会社ブレンド(本社:東京都目黒区、代表取締役:田尾秀一、以下ブレンド)の運営するオンライン食材宅配サービス「TastyTable(テイスティーテーブル)」アプリにツール「Repro」が導入されたことを発表いたします。

また、当社は従業員の福利厚生として「TastyTable(テイスティーテーブル)」を導入いたしました。



[画像1: (リンク ») ]

使い切りの食材と調味料、有名店のプロが監修したレシピもセットになって届く食材キット「TastyTable」は2016年にweb版、2017年11月にアプリ版をリリースしています。

アプリでは、ミールキットを注文してから調理するまでのプロセス短縮化に加え、web版で会員限定公開していたシェフ・料理研究科監修のレシピを無料で閲覧できるなど、リッチな体験をユーザーに提供しています。

「TastyTable」のサービスをユーザーが最大限に利用し、同社の目指す”最高の食の体験”を提供するためには会員登録率、注文率の向上が求められます。

そこで、分析とマーケティングを一気通貫して行うことのできる「Repro」の導入により、以下のような施策の実施で同社は各KPI向上を目指しています。

・会員登録を行っていないユーザーに対し、会員登録することのメリットを訴求した内容のプッシュ通知を配信。さらに直接会員登録画面へ遷移できるディープリンクを設定することにより、会員登録突破率を向上させる
・週次で更新されるミールキットを写真付きのプッシュ通知でお知らせすることのできる、リッチ通知の配信によりメニューの豊富さを訴求したり、調理中の写真を使い通知することで調理イメージを視覚的に伝え、調理が難しいのではないかというユーザーの心理的ハードルを下げ、注文に繋げる

このようなマーケティング施策のほか、ユーザーの属性情報と行動情報を掛け合わせた分析結果から、各人のライフスタイルに合わせて施策をアレンジするなど、コミュニケーションの最適化を進めています。


■従業員の胃袋をグロースハック!とは??
当社では創業当時より「Repro飯(リプロめし)」といい、従業員自らが社内のキッチンで調理をし、皆で食事をするという文化がありました。
2017年11月に事業拡大に伴う従業員増加への対応のため移転。従業員100名超の食事を作るための環境を確保することができず、「Repro飯」は涙をのんで休止。別の方法を模索した結果、「TastyTable」と出会い、導入へと至りました。

[画像2: (リンク ») ]

   ▲旧オフィスでのRepro飯の風景

栄養バランスが考慮された「TastyTable」のミールキットで従業員の健康増進はもちろん、日々巻き起こる献立論争や買い物時の荷物持ち戦争などの抑止に大貢献。従業員の大切な家族やパートナー、友人とのひと時を有効的に、そしてワンランク上の食事を自宅で楽しむことができるようになりました。

Reproは今後もさまざまな福利厚生を取り入れていくことで、あらゆる面から従業員の仕事効率化を高め、プライベートの時間の最大化に繋げてまいります。


■TastyTableについて
自宅でレストランような食事を楽しむことができるレストランキットをweb、アプリで提供しています。

社名:株式会社ブレンド
所在地:東京都目黒区中目黒1-4-20
代表者:田尾 秀一
設立:2016年05月
事業内容:使い切りの食材と調味料、有名店のプロが監修したレシピもセットになって届く食材キット「TastyTable」の運営
URL: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Instagram: (リンク »)


■Reproについて
Reproはアプリの成長支援ツールを2015年4月にリリース、現在では世界59か国、5,000以上(2018年5月時点)のアプリに導入されています。 リテンション分析・ファネル分析をはじめとした定量分析機能、動画による定性分析機能を用いてアプリのUI・UXの改善が可能です。さらには分析結果をもとにプッシュ通知やアプリ内メッセージ表示などアプリ内マーケティングを行うことができます。2016年3月にはアプリ成長コンサルティング事業を開始し、アプリの成長支援ツール提供にとどまらず、アプリに関連する戦略立案・企画、開発から運用までを一貫して支援しています。

社名  :Repro株式会社
所在地 :東京都渋谷区代々木1-36-4 全理連ビル6F
代表者 :平田 祐介
設立  :2014年4月
事業内容:モバイルアプリ向けのマーケティングツール「Repro」の開発・提供
Twitter : (リンク »)
Facebook: (リンク »)
アプリの成長を支援するメディア「グロースハックジャーナル」: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]