編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

コンタクトセンターへのAI導入による抜本的業務改革の実現

西日本電信電話株式会社

From: PR TIMES

2018-07-18 15:00

~株式会社京都銀行「電話受付センター」への導入~

西日本電信電話株式会社(代表取締役社長:小林 充佳/以下、NTT西日本)は、社内でトライアルを実施していたコンタクトセンター業務へのAI活用について、新たなソリューションとして、社外にも展開します。その最初の事例として、NTTグループのAI技術「corevo(R)(コレボ)」※を活用した受電センターシステムについて、株式会社京都銀行さま(取締役頭取:土井 伸宏/以下、京都銀行)にて採用いただくこととなりました。
※「corevo(R)」は日本国内における日本電信電話株式会社の登録商標です。
「corevo(R) 公式ホームページ」( (リンク ») )




1.背景
 NTT西日本は、社会の生産年齢人口減少が見込まれる中、AIの活用により生産性の向上や働き方改革を実現すべく、社内業務においてトライアルを重ねてまいりました。
具体的には、電話の加入や移転などのお問い合わせを受けるコンタクトセンターでAIを活用し、「通話内容を自動で文字に変換」することで聞き間違いを防止し、「問い合わせ内容に応じた回答例を表示」することで、応対品質の向上を図っています。
 また、設備保全業務への活用例では、走行車両に取り付けたセンサーにて電柱や電線などの設備状況を収集し、AIで故障個所の絞り込みを行うことで、設備事故の未然防止に向けて取り組んでいます。
特に、コンタクトセンター業務へのAI活用については社外でも広く活用いただけると考え、社外展開にいたりました。

2.コンタクトセンター業務へのAI活用の内容(VOCシステム※)
 コンタクトセンターでの応対内容を、AIを活用した音声認識技術を用いて音声データを自動でテキスト化し、キーワードに応じた回答例を表示することで、応対者を支援するシステムです。
※VOC:Voice Of Customer
[画像: (リンク ») ]


3.具体的な導入事例
 京都銀行は、営業店を「1人でも多く、1分でも長く、お客さまとお話しするための拠点へ」変えていくために、「生産性革新本部」を立ち上げ営業店業務の抜本的改革を進めておられます。
 この改革の一環として、同行が営業店あての顧客からの問い合わせ対応をひかり電話にて集約する「電話受付センター」を開設するのに合わせ、NTT西日本は、応対品質向上を目的としたVOCシステムを提案し、採用されました。本日から一部の営業店を対象として電話受付業務が開始されています。

4.今後について
 今回の導入を踏まえて、引き続きAIを活用したコンタクトセンターソリューションを展開するとともに、社内トライアルで一定の成果を得た、他のAI活用の取り組みも積極的に社外展開し、社会課題の解決に貢献していきます。

■具体的な導入事例に関するお問い合わせ先
西日本電信電話株式会社アドバンストソリューション営業部 金融担当 [辻浦、中野]
TEL:075-366-4240

■報道関係、NTT西日本におけるAI活用全般に関するお問い合わせ先
西日本電信電話株式会社 経営企画部 広報室 報道担当[担当:河津]
TEL:06-4793-2311

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]