編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Indiegogo」で1.5億円以上の支援金を集めた、スマホケース一体型高性能ドローンカメラ「SELFLY (セルフライ)」が日本初上陸

SELFLY camera LTD.

From: PR TIMES

2018-07-19 09:01

~7/10よりKibidangoにてクラウドファンディング開始~

SELFLY camera LTD.(代表:Hagay Klein)は、2018年7月10日よりクラウドファンディングサイト「Kibidango」にて、スマホケース一体型高性能ドローンカメラ 「SELFLY (セルフライ)」の先行予約販売を開始します。



[画像1: (リンク ») ]


セルフライがあれば、全く新しいレベルのクオリティと正確さでの自撮りができるようになります。あらゆる場所で、これまで不可能だった高度や距離からの自撮りができます。

[画像2: (リンク ») ]


セルフライを使えば自撮り棒ではできないようなアングルからの撮影ができます。そして、一般的なドローンよりも非常に便利です。スマホケースと一体化しているので、気にせず常時持ち歩くことができ、素敵な自撮りの機会を逃しません。

[画像3: (リンク ») ]

最高品質の安定化テクノロジーを使用。標準的なスマートフォンケースのサイズに合致します。ユーザーの操作に従って、様々な距離やアングル、高度での写真やビデオの撮影が可能です。ドローン操作用のスマートフォンのアプリは無料で、直感的で使いやすくなっています。

1080pのフルHDに対応。およそ30分の充電で4分半の飛行が可能とおよそ類を見ない機能。アップルiOSとアンドロイド両方に対応。

[画像4: (リンク ») ]



<紹介動画> 

[動画: (リンク ») ]



<クラウドファンディング概要>

開始日時:
2018年7月10日(火) 11:00 ~

ウェブサイト: 
(リンク »)

※商品の発送予定は2018年9月となります。


<コンパクトな設計>

[画像5: (リンク ») ]



<専用アプリ>

[画像6: (リンク ») ]


<創業者の思い>

これまでは空想の世界の産物で、現実の製品になっていなかった”空飛ぶカメラ”の商品化を私たちは実現しました。日本のマーケットに大きなインパクトを与えるでしょう。

パソコンの歴史で言えば、大きくて使いづらいコンピュータしかなかったところに、初めて個人向けのコンピュータが登場し、その後普及しました。それと同様、この製品は個人向けカメラ付きドローンのパイオニアとなるでしょう。

[画像7: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]