編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Office Depot Europe社、Talendの支援によりデータの信頼性を強化

Talend株式会社

From: PR TIMES

2018-07-19 12:01

オフィス用品販売・オフィスサービスプロバイダーのOffice Depot Europe社、Talend Cloudを活用してアナリティクスを増強し、マルチチャネルのカスタマーエンゲージメント戦略を推進

クラウド統合ソリューションの世界的リーダーであるTalend(米国カリフォルニア州レッドウッドシティ、NASDAQ: TLND、 (リンク ») )は、本日、オフィス用品販売・オフィスサービスプロバイダーのOffice Depot Europe社が膨大な数の運用システムからデータを取り込み、サイロ化された情報リポジトリを集中化されたエンタープライズデータハブに置き換える取り組みで、Talend Cloudが活用されていることを発表しました。Talendが提供するデータ統合とデータクオリティの機能により、Office Depot社はE-コマースの効率を高めることができます。さらに、予測アナリティクスのコスト効果と俊敏性を向上することで、カスタマーエクスペリエンスも強化できます。

Office Depot Europe社は紙、ペン、フリップチャートからオフィス什器やコンピューターまで、あらゆるオフィス用品をヨーロッパ14か国で企業に提供しています。従来Office Depot Europe社では、オフラインのメールオーダーカタログによる販売モデルを採用し、主としてテレマーケティングを行っていました。その後、オフラインとオンラインショッピングを組み合わせたハイブリッドの小売モデルに移行しましたが、これには異なるチャネルからのデータを最適化し、360度の顧客ビューを提供するデータ統合戦略が求められました。さらに、Office Depot Europe社に存在する多様なバックエンドシステムや、ヨーロッパ各地のサプライチェーンから様々な種類のデータが集まるようになり、データ分析が複雑化していきました。そこで、Office Depot Europe社はTalend Cloudを導入することにより、企業データの品質を確保し、市場の急速な変化に一層迅速に対応できるようになりました。

Office Depot Europe社の情報・アーキテクチャ担当ディレクター、Matt Steell氏は、次のように述べています。「アプリケーションに頼らず、自らの判断でビジネスを主導する組織へと変わるためにTalendを使用しました。これにより、社員はデータを使用して顧客ニーズや競合状況を測定できるようになり、ビジネスの俊敏性が高まりました。Talendによってシニアマネージャーからビジネスアナリストまで、誰もが正確で適切な情報を適時活用して、優れたビジネスの意思決定を下すことができます。」

また、Talendのソリューションに移行したことで、利用者はIT部門に依存せずに必要に応じてデータを使用し、自らのニーズに対応できるようになりました。これは、「シャドーIT」の使用の削減にもつながっています。IT部門では、データの信頼性を確保するためにTalend Data PreparationなどのペルソナベースのTalendクラウドアプリケーションを使用しており、システムの利用者がデータ品質や管理に関わる作業に直接関与できるようにしています。

Talendの製品担当シニアヴァイスプレジデント、Ciaran Dynesは、次のように述べています。「Office Depot Europe社は、社内プロセスを改善して競争力を高めるため、デジタルトランスフォーメーションプロジェクトを推進しています。データを信頼できる資産に変え、市場の動向に効率的に応答できるようにOffice Depot Europe社を支援できることは、Talendにとっても大きな誇りです。」

ケーススタディ( (リンク ») )では、業績を改善するためにTalendを使用して顧客、業務、財務の全社的ビューを作成するOffice Depot Europe社の取り組みについて、詳細に紹介しています。Talend CloudおよびTalendソリューションの詳細なポートフォリオについては、 (リンク ») をご覧ください。


Talendについて
クラウド統合ソリューションのリーダーであるTalend(NASDAQ :TLND)は、レガシーインフラストラクチャからデータを解放し、より多くの適切なデータの迅速なビジネスへの活用を実現します。Talend Cloudは、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウド、オンプレミス環境でのデータ統合のための単一プラットフォームを提供し、ITチームとビジネスチーム間のより大きなコラボレーションを可能にします。Talendが提供する、市場の革新を迅速に受け入れるためのオープンかつネイティブで拡張可能なアーキテクチャを組み合わせることで、ますます増え続けるデータ量、ユーザー、ユースケースの要求に、コスト効率良く対応できます。

GE、Domino’sなど1,500社以上のグローバル企業がTalendを選択しています。また、主要アナリストファームやForbes、InfoWorld、SD Times をはじめとする多くの業界誌において、リーダーとしての評価を受けています。詳細は、 (リンク ») をご覧ください。また、TalendのTwitterアカウント(@talendKK)も是非フォローください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]