編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

世界中のオーガニック商品を取り扱うマーケットプレイス「ナチュラカート」を運営する株式会社cartへの出資を合意

BEENOS株式会社

From: PR TIMES

2018-07-19 12:01

成長領域でのグローバルなCtoC/BtoCの事業モデルとBEENOSグループとの事業連携によるシナジー効果発揮に期待

BEENOS 株式会社(東証一部 3328、本社:東京都品川区、代表取締役:直井 聖太、以下:BEENOS)は、世界中のバイヤーがセレクトした商品や日本にまだ入荷していない海外ブランドメーカーの商品を販売するナチュラル&オーガニック商品のCtoC/BtoC マーケットプレイス「naturacart」(以下、ナチュラカートURL: (リンク ») )を運営する株式会社cart(本社:東京都渋谷区、代表:橋本雅治、以下:cart社)にシリーズBラウンドで出資することを合意いたしました。



[画像: (リンク ») ]

1.cart社について
cart社が運営するナチュラカートは、世界中の上質なナチュラル&オーガニック商品をつなぐECプラットフォームです。 「natural・organic・wellness・eco・fair trade」をキーワードに、全世界約50カ国のメーカー、ディストリビューター、ショップ、バイヤーが厳選した上質な商品を取り揃えており、その商品数は現在約3万点以上、ブランド数は約2000ブランドを取り扱っています。 美容やフード、ワイン、サプリメントの他にホームケアからスポーツまで、幅広いラインナップの商品を世界中からお手軽に購入できます。


2.出資背景について
BEENOSは、モノ・人・情報を「日本から海外へ」、「海外から日本へ」と双方向に繋ぐグローバルなビジネス展開を強みとしており、越境EC関連サービスの運営、インバウンド需要を見込んだ日本独自のコンテンツ商材の企画・開発、そして世界11カ国80社以上の企業への出資を行っています。

cart社が運営するナチュラカートは、ナチュラル&オーガニック商品のマーケットプレイスで、オーガニック商材の出品数は日本最大規模を誇ります。オーガニック市場は、世界的に拡大が続いているといわれており、近年日本でもオーガニック商品への関心が高まっていますが、日本で商品展開をするオーガニック関連メーカーは海外と比較してまだ少ないのが現状です。cart社は、海外と日本を繋ぐグローバルなCtoCとBtoCのモデルを両立していることや、小売・物流・CtoCビジネスなどの多様な知見や海外ネットワークを有する経営陣により、ナチュラカートにおいて世界中の上質なオーガニック商品の出品数はさらに拡大していくと予想しております。

また、当社が保有する越境ECノウハウをcart社に提供することに加え、当社の海外4拠点(アメリカ、イギリス、ドイツ、オランダ)の倉庫機能と連携し物流面での効率化を図るなど、事業シナジー効果の発揮も期待しております。

このように、オーガニック市場規模拡大に伴う同社事業の成長を有望視したこと、そして、BEENOSグループとの事業連携によって新たな価値創造に貢献することを期待し、出資することを決定いたしました。

今後は、相互の事業規模拡大を目指し、株主かつ戦略パートナーとしてサポートしてまいります。


【cartの概要】
社名: 株式会社cart
代表者: 橋本 雅治
設立年月 : 2016年9月9日
所在地:東京都渋谷区神宮前5-27-8 Los Gatos2F
事業内容:オーガニック商品のCtoC/BtoCマーケットプレイス「naturacart」運営
URL: (リンク »)


【BEENOSの概要】
社 名 : BEENOS 株式会社
代 表 者 : 代表取締役社長 兼 グループCEO 直井 聖太
本 店 所 在 地 : 東京都品川区北品川四丁目7番 35 号
設 立 年 月 : 1999年11月
資 本 金 : 27億75百万円

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]