TYFFON Inc.への出資ならびに次世代VRエンターテインメント施設”TYFFONIUM”の渋谷での運営を決定

株式会社東急レクリエーション 2018年07月19日

From PR TIMES

-東急レクリエーションは最新のアトラクションVR事業に参入します-



株式会社東急レクリエーション(東京都渋谷区:代表取締役社長 菅野信三)は、MR・VR技術を駆使した次世代VRエンターテインメント施設“TYFFONIUM(ティフォニウム) ”を展開するティフォン株式会社の100%親会社であるTYFFON Inc.(アメリカ合衆国、CEO 深澤研)の第三者割当増資を引き受けましたのでお知らせいたします。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]



当社はTYFFON Inc.のXR(VR・AR・MR)技術力と、深澤研CEOのデザイン力、クリエイティブ力を高く評価し、これからのエンターテイメント領域でのTYFFON Inc.の将来性に期待し、出資することといたしました。
さらに、当社では、新たな事業領域への挑戦として、MR・VRを使用した次世代VRエンターテインメント施設”TYFFONIUM”を事業運営し、新しいアトラクションVR事業に参入いたします。これまでにないコンテンツ領域への進出とその事業領域の拡大を推進することで、次世代のエンターテイメント事業を創出し、当社の新たな成長の可能性を追求してまいります。

その飛躍のための第一歩である”TYFFONIUM”の当社直営第1号店は今秋、渋谷にオープンの予定です。

また、出資先であるTYFFON Inc.は2014年にディズニー社が開催した「第1回ディズニー・アクセラレーター・プログラム」に参加し、1000社を超える応募の中から10社の採択企業に選ばれ、ディスニー社より出資も受けている企業です。同社が開発したスマートフォンアプリ「ゾンビブース」シリーズは、全世界で約4000万ダウンロードを記録しており、2017年10月にはお台場に日本で初のMR(複合現実)の次世代エンターテインメント施設”TYFFONIUM”を展開するなど高い注目を集めています。“TYFFONIUM”では、ヘッドマウントディスプレイを装着し、仮想空間に複数人で入り込む体験を楽しめます。TYFFON Inc.が開発した「マジックリアリティ」システムにより、仮想空間内で体験者本人や同伴者の姿を見ることができるため、圧倒的な没入感を味わうことができます。

出資先概要については、以下のとおりです。

【名称】TYFFON Inc.
【所在地】アメリカ合衆国 カリフォルニア州
【代表者の役職・氏名】CEO・深澤研
【事業内容】VR/MRを用いたエンターテイメントの企画・開発・施設運営
【資本金】$3,320,060.08

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]