編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

FiiO製DAP製品のファームウェアアップデートのご案内

株式会社エミライ

From: PR TIMES

2018-07-19 15:09

人気のデジタルオーディオプレーヤーが機能強化アップデート

平素より当社取り扱い製品をご愛用くださり誠にありがとうございます。この度, FiiO Electronics製デジタルオーディオプレーヤー「M7」につきまして,さらなる品質向上を目的としてファームウェアのアップデートを実施いたします。
今後とも,当社取り扱い製品をご愛用賜りますようお願い申し上げます。



[画像: (リンク ») ]

ファームウェアのアップデートにあたってのご案内


過去のファームウェアで追加された全ての機能と改善点は本バージョンに搭載済みです
最新のファームウェア等のダウンロードは,製品のサポートページからご利用いただけます

M7用ファームウェア「FW1.0.3」
【製品サポートページ】 (リンク »)


リプレイゲイン機能を追加しました
DSD128データの再生に正式に対応しました
Q5をBluetooth経由で操作する機能を追加しました
ファイル管理アプリケーションから楽曲を再生した場合に,現在のディレクトリにある全ての楽曲のリストを表示する機能を追加しました
スクリーンショット機能を使用した場合に,戻るボタンが操作不能になることがある不具合を修正しました
USB Audio出力を使用した場合に,DSDデータ再生時に楽曲の先頭が欠ける不具合を修正しました
お気に入りを再生→お気に入りから楽曲を削除→他のプレイリストに楽曲を追加という操作を実行した場合に,FiiO Musicアプリケーションが正しく終了しないことがある不具合を修正しました
言語設定を変更した場合に,プレイリストからお気に入りへ曲を正しく登録することができないことがある不具合を修正しました
一部のAPE形式ファイルにおいてアルバムカバーアートが表示されないことがある不具合を修正しました
検索機能を使用する場合に,稀にキーボードが自動的に表示されない不具合を修正しました
その他の軽微な改良と不具合の修正を行いました

FiiOブランドサイト
(リンク »)

FiiOオンラインショップ「FiiO Direct」
(リンク »)

FiiOとは
FiiO Electronicsは2007年に中国で設立された音響機器の企画製造および販売を行うオーディオブランドです。デジタルオーディオ製品のなかでも特にポータブルオーディオ製品の開発に注力しており,DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ,デジタルオーディオプレーヤー(DAP),インイヤーモニター(イヤホン)を中心とした製品展開を行っています。
ブランド名「FiiO」は,Fi (Fidelity) と iO (1 and 0, Digital)に由来し,その設計品質と安定した製造品質が高く評価されています。現在は世界最大級のポータブルオーディオ機器ブランドとして世界各国に展開しています。

以上

<会社概要>
社名:株式会社 エミライ emilai inc.
webサイト: (リンク »)
本社:〒140-0001 東京都品川区北品川1-8-12
代表取締役:河野 謙三
TEL: 03-6206-4710 (大代表) / FAX: 03-6779-5480

<プレス関係者様・販売店様からのお問い合わせ先>
【電話でのお問い合わせ】TEL: 03-6206-4710 (大代表)
【メール・FAXでのお問い合わせ】Mail:sales@emilai.co.jp FAX:03-6779-5480
※ プレス関係者様・販売店様はその旨ご連絡下さい。
※ 個人のお客様からのお問い合わせは,お問い合わせフォームよりお願い申し上げます。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]