楽天、エンデュランスロードレーサー ナガセキヒロキ氏の五大陸制覇プロジェクトに協賛

楽天株式会社 2018年07月19日

From PR TIMES

- Rakuten TVでのコンテンツ配信など楽天の各種サービスを活用して前人未到の挑戦を応援 -

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、エンデュランスロードレーサー ナガセキヒロキ氏が今夏より挑戦する五大陸制覇プロジェクト「サキガケプロジェクト」に協賛します。

 本プロジェクトは、プロエンデュランスロードレーサーであるナガセキヒロキ氏が、2018年9月から2019年8月までの期間において、世界五大陸(アメリカ大陸・オーストラリア大陸・南米大陸・アフリカ大陸・ユーラシア大陸)を縦断・横断するとともに、各大陸における既存のギネス最速記録を全て更新することに挑戦します。

 「イノベーションを通じて、人々と社会をエンパワーメントする」という企業理念のもと、グローバル イノベーション カンパニーとして挑戦を続ける楽天は、「出会いと経験を求め、圧倒的挑戦を通して感動を届けたい」という同氏の想いに共感し、楽天の各種グループサービスを活用して本プロジェクトを応援することを決めました。

 具体的には、楽天が運営する動画配信サービス「Rakuten TV」の特設サイト( (リンク ») )にて、2018年7月19日からの日本再縦断および9月からの五大陸制覇プロジェクトに関するコンテンツを無料配信します。また、「楽天モバイル」のスマートフォン端末およびSIMカードを提供し、同端末で撮影する世界の絶景をSNSで発信します。さらに、「楽天トラベル」や「楽天市場」などで航空券や必要物資の購入に充当できる「楽天スーパーポイント」を支給したり、楽天が出資する総合寝具メーカーである株式会社エアウィーヴの寝具を提供するなど、本プロジェクトを多方面からサポートします。

■ナガセキヒロキ氏について
プロエンデュランスロードレーサー。 2017年10月、自転車歴3カ月にして、日本縦断のギネス最速記録を非公認ながらに更新。最北端の北海道宗谷岬から本土最南端の鹿児島県佐多岬まで、約2,700kmを9日間で走破し、イタリアのプロチームが打ち立てたそれまでの記録を40分更新した。
国立小樽商科大学を卒業後、東京の大手IT企業に就職。ネット番組のプロデューサーとして従事していた際に、「演者として直接感動や刺激を届け、まだ見ぬ出会いと経験を追い求めたい」と退社を決意。最初はお笑い芸人を目指したが、仕事はなく、模索を繰り返す日々を2年ほど過ごした。
自分は何をしたいのか、自問自答を繰り返し「世界を見てみたい。そして挑戦をエンターテインメントにしたい」と、間寛平さんのアースマラソンをイメージに、自転車での世界一周を企画する。
実績と経験のなさから、トレーニングを兼ねて日本一周を実施しようとした際に、日本縦断のギネス記録を見つける。当時まだロードバイクにほぼ乗ったこともなかった同氏は、そこから自転車提供やキャンピングカー、スポーツ飲料など、自ら物資を集め、3カ月間の猛トレーニングの末に、昨年10月に日本縦断の世界最速記録を上回った。6人兄弟の4番目。

                                                以 上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]