80年代と90年代が融合したレトロランニングシューズが復刻 ビビットカラーの差し色と90年代当時のロゴが特徴 「RAPIDE」 7月19日(木)より発売開始

リーボック アディダスグループ 2018年07月19日

From PR TIMES

グローバルフィットネス ライフスタイルブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目9番10号)は、歴代の名作を中心に展開するリーボックのカジュアルライン“Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)”において、1995年に登場したランニングシューズの復刻モデル「RAPIDE(ラピード)」を7月19日(木)より発売します。



[画像1: (リンク ») ]

リーボック クラシックは2018年より、リーボックの80年代の名作シューズをグローバル アンバサダーと共に訴求していく「ALWAYS CLASSIC」キャンペーンを展開しています。そのキャンペーンの一環として、「FREESTYLE(フリースタイル)」「AZTREK(アズトレック)」といった歴代の名作シューズを秋冬シーズンは訴求してきましたが、今回の発売はそれらに続く第三弾となります。

デザインは80年代のレトロランニングのシルエットを持ちつつ、90年代のリーボックを象徴するロゴである“ベクターマーク”が、サイド、シュータン、ヒール部分にデザインされている点が特徴です。シンプルなデザインながらも、随所にビビッドカラーの差し色を加えることで、80年代のシルエットを生かしながら、90年代の雰囲気を醸した1足となっています。
[画像2: (リンク ») ]

●名称:RAPIDE OGB(ラピード OGB)
●自店販売価格:8,990円(税抜)
●サイズ:22.5cm~31.0cm
●品番/カラー:
[CN5909] カレッジネイビー/スカルグレー/ブルームーブ/チョーク
[CN5911] スカイグレー/バイタルブルー/ツイステッドベリー/チョーク
[CN5914] ブラック/スカイグレー/ホワイト
●販売店舗:
・リーボック オンラインショップ(reebok.jp)
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京、あべのHOOP、立川立飛、横浜ビブレ)
・リーボック フィットハブ(六本木ヒルズ、EXPO CITY、博多キャナルシティ、北千住マルイ)
・ABC-MART / ASBee / KICKS LAB. / UNDEFEATED Harajuku / Victoria
・マルイウェブチャネル
[画像3: (リンク ») ]

●名称:RAPIDE RS(ラピード RS)
●自店販売価格:8,990円(税抜)
●サイズ:22.5cm~31.0cm
●品番/カラー:
[CN5906] スカルグレー/ホワイト/カレッジネイビー/プライマルレッド
[CN5907] ホワイト/カレッジネイビー/バイタルブルー/ブライトLAVA
[CN5908] ホワイト/バイタルブルー/レモンゼスト/グレー
●販売店舗:
・リーボック オンラインショップ(reebok.jp)
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE、ダイバーシティ東京、あべのHOOP、立川立飛、横浜ビブレ)
・リーボック フィットハブ(六本木ヒルズ、EXPO CITY、博多キャナルシティ、北千住マルイ)
・ABC-MART / Victoria
・マルイウェブチャネル

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]