編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向けた東京電力グループとの技術検証において無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン株式会社

From: PR TIMES

2018-07-19 16:13

~世界初、送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用し、ドローン自動飛行制御を実施~



[画像: (リンク ») ]



1. 概要

テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:徳重 徹、以下「テラドローン」)は、東京電力ベンチャーズ株式会社※1(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:赤塚 新司、以下「東電ベンチャーズ」)、株式会社ゼンリン(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:高山善司、以下「ゼンリン」)が取り組む「ドローンハイウェイ構想」※2の技術検証において、2018年3月、東電グループと協力し、無人航空機運行管理システム「Terra UTM」をベースに新機能を開発し、送電設備に取り付けた気象観測機器からの取得を想定したデータを利用し、ドローンの自動飛行制御を実施しました。

2. 実証実験の内容

(1) 気象観測データと「Terra UTM」との連係

送電鉄塔に取り付けた気象観測機器から取得したデータを加工し、無人航空機運行管理システム「Terra UTM」に連係しました。

(2) 気象観測データを用いたドローン飛行制御

「Terra UTM」上で気象観測データが予め設定した閾値を超える強風として認知した場合、「Terra UTM」を用いて所定の退避エリアまでドローンを自動的に退避させました。


3. 実証実験の成果

本実験の成功により、「東京電力グループが保有する送電鉄塔に取り付けた様々なセンサ等によりドローンが飛行する空域の安全性を高める」という「ドローンハイウェイ構想」の重要なコンセプトの有効性、並びに「Terra UTM」が同構想における基盤として貢献でき、さらにその拡張性も実証されました。

弊社としては、今後も様々な取り組みに、Terra UTMを提供することで、安全・安心なドローン運行、ひいては「空の産業革命」の実現に貢献して参ります。


※1 東京電力ベンチャーズ株式会社は2018年5月に設立された東京電力ホールディングス株式会社の100%子会社で、ドローンハイウェイ構想を承継しています。

東京電力ベンチャーズホームページ:  (リンク »)

※2 「ドローンハイウェイ構想」 の実現に向けて

(リンク »)


◇本件に関するお問い合わせ
テラドローン株式会社
03-6419-7193
info.jp@terra-drone.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]