編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

住宅ローン特化型AIチャットボットのQ&Aが20,000件を突破

iYell株式会社

From: PR TIMES

2018-07-19 18:11

 テクノロジーを利用して最適な住宅ローンを提供する住宅ローンテック企業のiYell株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:窪田光洋、以下「当社」)は、消費者からの住宅ローンに関する質問に自動応答する住宅ローン特化型AIチャットボットを提供しています。この度、チャットボットに寄せられたQ&Aが20,000件を突破しました。



 住宅ローン特化型AIチャットボットは、住宅ローンの専門用語や独特の言い回しを自動で解釈し、消費者からの質問に自動で返答するAI(人工知能)です。機械学習を活用したシステムにより、利用される度に進化し、より最適な回答を生成できるようになります。住宅ローンを取り扱う金融機関のカスタマーサポートを自動化するなど、業務効率化への貢献が期待されます。
 この住宅ローン特化型AIチャットボットは本年4月23日にリリースされて以降、消費者からの様々な質問に応答しており、リリースから三ヶ月間で20,000件を超えるQ&Aが記録されました。


◆新規借り入れに関する質問が過半
 Q&Aを解析したところ、会話の初めにチャットボットから提示される、「借り入れを考えている」、「借り換えを考えている」、「知りたいことがある」の3つの選択肢型質問では、「借り入れを考えている」が50%超でした。インターネットで住宅ローンについて調べている消費者の多くは、新規で借り入れを考えていることが分かります。
 また、「団信とは何か」「返済比率とは何か」「住宅ローンをいくらまで借りることができるか」といった、一般的な住宅ローン知識に関する質問も多くされていました。
[画像: (リンク ») ]



◆今後の展開
 当社が提供する住宅ローン特化型AIチャットボットにより、金融機関の住宅ローンに関する煩雑な顧客対応を自動化し、24時間365日対応できる環境を作ることで、消費者が気軽に住宅ローンについて知ることができる社会の実現を目指します。
 また、金融機関の業務の一部をAIチャットボットに任せることで、人がより人らしい仕事ができるようになり、人にしかできない業務の価値や水準を高めてまいります。

◆会社概要
名称:iYell株式会社(イエールカブシキガイシャ)
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目16番8号
代表取締役:窪田 光洋
コーポレートサイト: (リンク »)
『住宅ローンの窓口ONLINE』: (リンク »)
『いえーる コンシェル』: (リンク »)
『いえーる コンシェル 不動産投資版』: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]