編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IVRから世界初の Vチューバー支援サービス「Vカツ」登場!

株式会社シス

From: PR TIMES

2018-07-20 10:01



IVRから世界初の Vチューバー支援サービス「Vカツ」登場!

[画像1: (リンク ») ]


■世界初!「Vチューバー支援サービス」誕生! だれでも簡単・無料で「Vチューバー」!!

「Vカツ」( (リンク ») ) は3Dキャラクターメイキングからアニメーション、さらには表情付けなどを無料で行える、世界初の「Vチューバー支援サービス」です。
「Vカツ」が可能にした全く新しい「Vチューバー支援サービス」を使って、あなただけの動画やライブを世界に配信してください!
製作コストや専門知識、作業時間などから、なかなか「Vチューバー」へ手を出せなかったユーザーの方々へ「Vチューバー」のイメージをつかむトレーニングサービスとしてもご利用頂けます。

[Vカツ PV第一弾]
(リンク »)


[画像2: (リンク ») ]



■世界にたった1つだけ! あなたがメイクしたキャラクターが「Vチューバー」に!

[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]


究極のハイクオリティ3Dアニメキャラを使って、顔、髪、体、衣装、アクセサリーなど、300を超える設定項目から世界で唯一、貴方だけの理想のキャラクターを作成してください!

■理想のキャラクターを思い通りに動かそう!

[画像5: (リンク ») ]


VルームシステムとVRヘッドセットを使って、理想のキャラクターへ思い通りのアニメーションや表情付け!
「理想のキャラ」と「簡単アニメーション」で貴方だけのVチューバーを生み出そう!

■ 無料でここまでできる「Vチューバー」!

[画像6: (リンク ») ]



現在は300万円~400万円ほどが必要になるVチューバーアバター作成費用がなんと無料!
Vカツは、コストを理由に作成を断念していたユーザー後押しして、爆発的にVチューバーを生み出し 「Vチューバーの民主化」「1億総Vチューバー」を目指しています!


■ Vカツ ベータ版ユーザー募集
Vカツ公式HP ( (リンク ») ) にてベータ版のユーザーを募集しています。
限定先行でダウンロードをして頂きVカツの魅力を一足先にお楽しみください。
(受付期間:2018年7月31日まで)
ベータ版ユーザー応募URL( (リンク ») )
現在、Steam版の一般配信は2018年8月1日を予定しております。

[画像7: (リンク ») ]


Steam「Vカツ」URL
(リンク »)

■ 法人・企業向けライセンスを予定

[画像8: (リンク ») ]


イメージキャラクターのオリジナルパーツ製作や、オリジナルキャラクターの製作、など
法人・企業向けのプロフェッショナル版も展開予定です。


「Vカツ」公式HP  (リンク »)

「Vカツ」ロゴ

[画像9: (リンク ») ]



「IVR」ロゴ

[画像10: (リンク ») ]



※画像は開発中のものになります。


【本プレスリリースに関するお問合せ先】
IVR(担当:大鶴)
メール: otsuru@i-vr.jp
所在地: 〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町23-1 Yunuoビル 3F
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]