編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドデータへのODBC リモート接続を可能にする『SQL Broker』をリリース

CData

From: PR TIMES

2018-07-20 12:01

~Salesforce、kintone、Google BigQuery など100を超えるSaaS・Web DB にSQL Server/ MySQL リモート接続~

7月20日、CData Software Japan 合同会社(宮城県仙台市、代表社員 職務執行者 疋田 圭介)は、100を超えるクラウドサービス(SaaS)、Web DB にSQL Server、MySQL からリモートアクセスを可能にするSQL Broker の日本語版をリリースしました。



CData SQL Broker は、カスタムアプリケーション、ETL、BI ツールからSQL Server やMySQL インターフェースでODBC データソースへのリモートアクセスを可能にします。CData ODBC Drivers との併用でSalesforce、Dynamics CRM、NetSuite、SharePoint、kintone、Google BigQuery、Redshift など100を超えるSaaS およびWeb DB に対して、SQL Server/ MySQL のリンクサーバー/リモーティング機能を使ってアクセスすることができるようになり、使い慣れたSQL でクラウドデータのクエリやSQL Server/ MySQL 内のデータとの連携利用を低コストで実現します。
[画像1: (リンク ») ]



<SQL Broker の機能概要>


SQL Server/ MySQL インターフェースでのクラウドデータ接続:BI、ETL、DWH、カスタムアプリケーションのSQL Server/ MySQL インターフェースでのクラウドデータ接続を実現。
100を超えるCData ODBC Drivers を含む幅広いODBC Driver に対応:無償、オープンソース、商用を含む多様なODBC Driver をSQL Broker で使うことができます。100 を超えるSaaS、NoSQL にアクセス可能なCData ODBC Drivers 製品と使えば、クラウド連携をSQL Server/ MySQL から可能になります。
使い慣れたSQL でパフォーマンスを向上:既存のOLE DB を使ったTDS リモーティングに比べ、フィルタリングなどを最適化。
高度なセキュリティとクラウドゲートウェイ機能:セキュアなリバーストンネリング機能でファイアウォールを跨いだリアルタイムデータのアクセスを実現。SSL/ TLS 、電子証明書によるセキュアな通信をサポート。
充実した管理機能:データソース毎のユーザーアクセス管理。Verbosity 設定が可能なログ出力機能。



<CData SQL Broker 利用シーン>
●リモーティングで連携

[画像2: (リンク ») ]


BI、帳票、DWH、ETL、カスタムアプリケーションからSQL Server/ MySQL のインターフェースでSalesforce、kintone、NetSuite などのクラウドデータにリアルタイムアクセス。アプリケーションやツールにODBC やJDBC のインターフェースがなくても、SQL Server/ MySQL インターフェースでクラウド連携を可能にします。それぞれサービスのAPI を意識することなく、異なるデータソース間のJOIN を含む多様なSQL でのクエリを可能にすることでインテグレーションのコストを大幅に削減します。

●クラウドからオンプレミスデータにセキュアにアクセスするゲートウェイ

[画像3: (リンク ») ]

パワフルなリバーストンネリング機能を使って、ユーザーはオンプレミスデータをファイアウォールの外からセキュアにアクセスさせることが可能に。クラウド環境からのオンプレミスデータの活用をAPI 構築なしでSQL Server/ MySQL インターフェースで実現します。

<試用版>
SQL Broker は30日の無償評価版を提供しています。
URL: (リンク »)

また、SQL Broker はCData ODBC Drivers 製品に同梱されており、無償評価版およびエンタープライズライセンスにてSQL Broker 機能を利用可能です。
URL: (リンク »)

<CData Software について>
CData Software, Inc. は、See the World as a Database をミッションに、データ接続および連携ソリューションを提供しています。ドライバーとデータ接続テクノロジーの開発に特化し、お客様のオンプレミスおよびクラウドアプリケーション、データベース、WebAPI へのリアルタイム接続を実現いたします。CData 製品は、世界中の大手企業、中小企業、政府機関、教育機関のデータ統合ソリューションにて利用されています。
URL: (リンク »)
[画像4: (リンク ») ]


※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関するお問い合わせ先>
CData Software Japan 合同会社 マーケティング 兵藤
TEL: 050-5578-7390 | E-mail: press@cdata.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]