編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「どんな人でもすがすがしくする!」ジェネレーターを開発!「すがすがSEAメーカー」

アサヒ飲料株式会社

From: PR TIMES

2018-07-20 12:01

顔写真をアップロードするだけで夏のエクストリームスポーツに興じるムキムキマッチョな自分の動画が自動生成!え…この人がこんなにすがすがしく…?

アサヒ飲料株式会社は、2018年7月20日(金)より三ツ矢サイダー特設サイトにて「すがすがSEAメーカー」を公開いたします。



「すがすがSEAメーカー」とは、自分の顔写真をアップするだけで、すがすがしい自分になれる動画を生成するジェネレーターです。写真に写った人が、マリンスポーツで華麗な技を決める、ショート動画を自動生成します。三ツ矢サイダーのようなすがすがしさを、皆さんに動画でもお楽しみいただけるよう制作しました。
動画のパターンは、男女別で全2種類。自分の写真だけでなく、お友達やご家族の写真を使って、皆さんでお楽しみください。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]

<すがすがSEAメーカー特設サイトURL>
(リンク »)


■「すがすがSEAメーカー」詳細

[画像3: (リンク ») ]

<「すがすがSEAメーカー」の楽しみ方> ※画像はイメージです。仕様が変更になることがございます。
・STEP1 顔写真をアップロード
[画像4: (リンク ») ]

・STEP2 性別を選択

[画像5: (リンク ») ]

・STEP3 ヘアスタイルを選択

[画像6: (リンク ») ]

・STEP4 あなただけのすがすがSEAムービーが完成。

[画像7: (リンク ») ]



動画パターンは全部で2種類!

[画像8: (リンク ») ]


<すがすがSEAメーカー特設サイトURL>
(リンク »)


■「三ツ矢サイダー」担当者コメント
今年は例年より早い梅雨明けで長い夏が始まっています!夏といえば三ツ矢サイダー。今年で135年を迎える三ツ矢サイダーの「すがすがしさ」を多くの方に楽しく体感していただくために、誰でもすがすがしくなれるジェネレーターを開発しました。より自然な合成を目指して、従来の顔認識技術に、3D FACE Reconstruction(1枚の顔写真をアップロードするだけで、機械学習を応用した立体的な3Dの「顔」を自動生成する技術)を掛け合わせるといった、技術的にも目新しいジェネレーターです。ぜひお友達や家族と楽しんでください。


■「三ツ矢サイダー」商品情報について


[画像9: (リンク ») ]

三ツ矢サイダー
「三ツ矢」ブランドは、どの世代にも愛され、選ばれつづける、唯一無二の国民的炭酸飲料を目標に掲げています。また「三ツ矢」ブランドの3つの約束として「水」「香り」「製法」にこだわっています。2004年には、発売120周年を機に「安心・安全」をコンセプトにブランドを刷新。以降、ブランドの価値を磨き続け順調に販売数量を拡大してきました。
本年も、130年以上のご愛飲への感謝とさらなるお客様満足追求への思いを新たに、年間を通して積極的な商品提案、広告活動、販促活動を展開し、年間販売目標である4,010万箱(前年比106.9%)を目指します。

商品ラインアップ
・三ツ矢サイダー
・三ツ矢サイダーゼロストロング
・三ツ矢サイダーW
・三ツ矢エクストラリフレッシュ
・特産三ツ矢
・三ツ矢 グリーンスパークリングウォーター

<「三ツ矢サイダー」商品ブランドサイト>
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]