編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MAIA、RPA BANK、freeeが連携 国内初のRPAロボット流通プラットフォーム「RPAマーケットプレイス(α版)」「RPA女子プロジェクト」によるRPAロボの開発サポートを提供開始

株式会社MAIA

From: PR TIMES

2018-07-20 13:01



 RPA人材の教育及び現場支援のリーディングカンパニーである株式会社MAIA(本社:東京都港区、代表取締役社長:月田 有香、以下MAIA)は、RPAホールディングス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:高橋 知道、以下RPAホールディングス)子会社で、RPA総合プラットフォームメディアを運営する「RPA BANK」(運営元:株式会社セグメント、本社:東京都港区、代表取締役社長:石井 岳之)が7月9日に開設した、国内初となるRPAロボをオンライン上で売買できるマーケットプレイス「RPAマーケットプレイス(α版)」にて、freee株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐々木 大輔)が提供する「クラウド会計ソフト freee」「人事労務ソフト freee」に活用可能なRPAロボットのテンプレート(15業務)のダウンロード開始に併せ、「RPA女子プロジェクト」との連携を開始し、各企業のニーズに合わせたRPAロボットの開発サポートを7月20日より提供開始することを、お知らせいたします。

 RPAは「Robotic Process Automation」の略で、「ソフトウエアロボットによる業務自動化」を指します。利用者が処理手順を登録するだけで、ソフトウエアロボットが入力、登録、検索、抽出、集計、加工、データチェックなどの単純な事務作業や膨大な書類業務などを人間に代わって自動的に処理します。業務の効率化、迅速化、コスト削減を実現につながるため、労働人口の減少など日本の社会課題の解決に貢献するソリューションとして注目を集めています。

■ テンプレート化されたRPAロボットに対するニーズに応えるマーケットプレイスの誕生
 注目が集まる一方で、RPAの取組みをはじめて間もない企業・団体からは、「業務のどこからどこまでをロボット化すれば良いのか分からない」、「ロボット化したい業務はあるもののどのようなロボットを作れば良いのか分からない」といった声が少なくありません。その状況を踏まえ、RPA総合プラットフォームメディア「RPA BANK」が、RPAの更なる普及と促進を目的に「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」を新たに開設しました。
「RPA BANKマーケットプレイス(α版)」では、RPAの導入に取り組む法人・個人と、ロボットテンプレートを保有あるいは開発に従事する法人・個人をつなぐことが可能になります。

■ 「RPAマーケットプレイス(α版)」×「freee」×「RPAロボの開発サポート」
 また課題としてRPAを推進する人材の確保と育成が追いついておらず、企業や団体が求めるニーズに応えきれていない現状があります。その一方で、テクノロジーの進化により労働力の補完が行われているにも関わらず、子育て・家族の転勤・介護等により、貴重な労働力である多くの女性が、本人の望む形で働けない現状もあります。
 この度の連携では、MAIAが提供する、RPAスキルを身に着けた女性をマッチングすることで、子育て・家族の転勤・介護等女性の復職を支援する「RPA女子プロジェクト」を通し、各企業のニーズに合わせたRPAロボの更なる開発をサポートすることを目的といたします。

■RPA女子サービス概要
「RPA女子プロジェクト」2018年5月7日より開始: (リンク »)
[画像: (リンク ») ]



■ 「freee」はRPAロボのテンプレートを15業務で提供開始
今回のマーケットプレイス開設に伴い、「クラウド会計ソフトfreee」、「人事労務ソフト freee」に活用可能なRPAロボット無料提供キャンペーン先行予約受付を実施致します。(お申し込み期限:8月3日(金)まで)
先行予約サイト: (リンク »)
※8月6日(月)より先行お申し込みいただいた方に、順次RPAロボットを進呈致します。

<無料キャンペーンでご提供するRPAロボット15業務の詳細>
※ご提供予定のRPAロボットにつきましては、内容が変更することがございます。
予めご了承ください。

1)承認期日超過ロボット(会計)
2)売掛金回収_督促コメントロボット(会計)
3)売掛金回収_督促メールロボット(会計)
4)入出金マッチングロボット(会計)
5)取引データインポートロボット(会計)
6)入出金明細消し込みロボット(会計)
7)経費一括承認ロボット(会計)
8)試算表のダウンロードおよび関係者への定期送付ロボット(会計)
9)部門間PL比較ロボット(会計)
10)支払い通知書作成ロボット(会計)
11)口座登録ロボット(会計)
12)銀行名変更ロボット(会計)
13)経費申請情報メール通知ロボット(会計)
14)給与データの直接編集ロボット(人事労務)
15)勤怠打刻修正ロボット(人事労務)


 MAIAは、RPAテクノロジーズ株式会社と協業し、国内で高いシェアを誇り導入実績を持つRPAツール「BizRobo!Basic」を教材に使用した「 RPAラーニング for Business 」を提供するなど、RPAの効果的な普及・拡大に直結するサービスの開発・提供に取り組んでいます。
 今後もRPAの効果的な普及・拡大に直結するサービスの開発・提供を行い、RPA普及促進、そして定着を目的に、RPAに取り組む皆さまの業務ニーズに合わせてRPAロボットを柔軟に選択・利用できるプラットフォームの構築・提供に尽力してまいります。


■株式会社MAIA ( (リンク ») )
MAIAは、「人生100年時代に、”自分らしく生きる”未来を、共に創造する」をビジョンに掲げ、RPA人材教育や女性の働き方改革に尽力しています。RPAの専門スキルを持つ女性たちが、RPA導入から開発、運用、最終的には企業内での自走化までをトータルでサポートいたします。
・本社所在地 : 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16F
・設立    : 2017年11月
・代表者   : 代表取締役社長 月田 有香
・資本金   : 1,000万円

■ 「RPA BANK」運営企業について ( (リンク ») )
RPA BANKは、「人間とロボットが楽しく協働する世界の実現」をビジョンに掲げ、RPAの実践に必要な情報、ロボットの開発と運用に必要なスキルの習得の場、RPAに関わる皆さまが持つ課題や悩みの共有可能なコミュニティの場を提供するプラットフォームメディアです。
・会 社 名 : 株式会社セグメント
        RPAホールディングス株式会社(東証マザーズ証券コード6572)の100%子会社
・本社所在地 : 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル13F
・代表者   : 代表取締役社長 石井 岳之
・資本金   : 3,000万円


■ freee 株式会社について( (リンク ») )
新ミッション「スモールビジネスを、世界の主役に。」を掲げ、スモールビジネスのバックオフィス業務の効率化・自動化に尽力。有効事業所数100万超の「クラウド会計ソフト freee」はじめ、「人事労務 freee」、「会社設立 freee」等を提供。ビジネスの始まりから成長期までをサポートします。
・本社所在地 : 東京都品川区西五反田2-8-1 ファーストビル9F
・設立    : 2012年7月9日
・代表者   : 代表取締役 佐々木 大輔
・資本金   : 96 億 603万円(資本準備金等含む)


<提供サービス>
「クラウド会計ソフト freee」     (リンク »)
「人事労務 freee」           (リンク »)
「マイナンバー管理 freee」      (リンク »)
「会社設立 freee」          (リンク »)
「開業 freee」             (リンク »)
「クラウド申告 freee」        (リンク »)
「freee カード」            (リンク »)
「freee Developers Community」  (リンク »)
「経営ハッカー」           (リンク »)
「パラキャリ」            (リンク »)


 

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]