編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

オンラインブックガイド「新刊JP」の人気インタビュー連載が100回に到達!

株式会社オトバンク

From: PR TIMES

2018-07-20 16:00

話題の作家や文学界の重鎮まで、出版業界の最重要人物がズラリ

株式会社オトバンク(本社:東京都文京区、代表取締役社長:久保田裕也))が運営するオンラインブックガイド「だれかに話したくなる本の話 新刊JP」内で好評連載中の著者インタビュー企画「ベストセラーズインタビュー」が、7月20日配信の最新回(文芸誌『MONKEY』責任編集・柴田元幸氏)で100回目を迎えました。



[画像1: (リンク ») ]


■「ベストセラーズインタビュー」とは
「出版界の最重要人物にフォーカス」をテーマに、小説家や漫画家、編集者など、出版業界における旬の人物の声を届けるロングインタビューの不定期の連載企画です。2009年にスタートし、10年目で100回を迎えました。

最近では、『火花』で芥川賞を受賞した又吉直樹さん(第89回)や、直木賞作家の恩田陸さん(第88回)、朝井リョウさん(第85回)、『大家さんと僕』が大ヒットしている矢部太郎さん(第94回)といった方々が登場し、作品の創作の裏話などを語っていただいています。また、毎回その作家に「影響を受けた3冊」を聞いており、「隠れた人気コーナー」となっています。

[画像2: (リンク ») ]

ベストセラーズインタビューURL: (リンク »)

■100人目のゲストは翻訳家の柴田元幸さん、101人目は……
2018年7月20日に公開された最新回では、100回目のゲストとして翻訳家の柴田元幸さんが登場。
英米文学の翻訳者として第一線で活躍しつづけている柴田さんは、作家・村上春樹さんとの深い親交や、自らが責任編集を務める文芸誌『MONKEY』でも知られています。

【インタビューのトピック】
・『MONKEY』最新号で村上春樹が訳した「ジョン・チーヴァー」って誰?
・翻訳家になった意外なきっかけ
・アメリカ小説の黄金期「1950年代」の文学について

▼柴田元幸さんインタビュー記事
(リンク »)

次回、第101回は直木賞作家の天童荒太さんが登場予定。今後も注目すべきインタビューを配信していきますのでご期待ください。

■「新刊JP」 基本情報

[画像3: (リンク ») ]

サービス名称:「新刊JP」
(リンク »)

[画像4: (リンク ») ]



運営会社:株式会社オトバンク
URL: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]