編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

finbee(フィンビー)、第四銀行、伊予銀行と口座連携を開始

株式会社ネストエッグ

From: PR TIMES

2018-07-20 16:00

自動貯金アプリ「finbee(フィンビー)」を運営する株式会社ネストエッグ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田村 栄仁、以下「ネストエッグ」)は、7月23日から「TSUBASAアライアンス(※1)」に参加している、株式会社第四銀行(本店:新潟市中央区、取締役頭取:並木 富士雄、以下「第四銀行」)および 株式会社伊予銀行(本店:愛媛県松山市、取締役頭取:大塚 岩男、以下「伊予銀行」)と更新系API(※2)を活用した口座連携を開始いたします。



これまでの口座連携先である、住信SBIネット銀行、みずほ銀行、千葉銀行、北洋銀行に加えて、今回から第四銀行と伊予銀行に口座をお持ちのお客様も、finbeeをご利用いただけるようになります。なお、その他のTSUBASAアライアンス参加行とも順次接続を予定しています。

今後もネストエッグは、より多くのお客様にサービスをご利用していただけるよう、接続銀行を全国へ拡大してまいります。

(※1)TSUBASAアライアンスは、千葉銀行、第四銀行、中国銀行、伊予銀行、東邦銀行、北洋銀行、北越銀行の7行が参加する地銀広域連携の枠組みです。
(※2)更新系APIは、銀行の認証基盤でお客様の口座契約を認証することにより、当社がお客様情報(インターネットバンキングのログインID・パスワード、個人情報など)を保有することなく、当社サービス経由で普通預金口座とその一部である貯金用口座間の振替などができるシステム接続方法です。

【イメージ図】
[画像1: (リンク ») ]


【finbeeアプリダウンロード】

▼ App Store: (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]

▼ Google Play: (リンク »)

[画像3: (リンク ») ]


【finbeeのサービス概要】
finbeeは貯金の目的や目標金額、貯金のルールが簡単に設定でき、お客様のライフスタイルに合わせた貯金をサポートするアプリです。2016年12月にサービスを開始し、幅広い方々にご利用いただいています。今後は、接続銀行の拡大およびお客様にとってより便利にご利用いただけるような機能を追加していく予定です。

【ネストエッグ会社概要】
会社名:株式会社ネストエッグ(英文社名 NestEgg, Inc.)
設立日:2016年4月1日
資本金:2億5千万円(資本準備金含む)
所在地:東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル11F
主要株主:株式会社インフキュリオン・グループ、SBIインベストメント株式会社(※)、 三菱UFJキャピタル株式会社(※)、SMBCベンチャーキャピタル株式会社(※) (※):運営するファンド
代表取締役社長:田村 栄仁
事業内容:貯金・決済サービスの企画・開発・運営 URL : (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]