実は日本は中国よりもアジアのスタートアップに投資している。「アジアのスタートアップにおける日本の投資動向」レポートを公開

Tech in Asia Japan 2018年07月23日

From PR TIMES

アジア最大級のテックメディア&コミュニティを運営する Tech in Asia (本社:シンガポール 代表:Willis Wee 以下Tech in Asia) は、「アジアのスタートアップエコシステムにおける日本の投資家の大きなインパクト」をテーマにした調査レポートを、2018年7月23日に公開いたします。



現在世界各国でスタートアップシーンが盛り上がっており、そのトレンドはアジアにも及んでいます。
日本はアジアの中でシンガポールのようにスタートアップハブとして注目を集めるには至っていませんが、日本の投資家(独立系VC、CVC、機関投資家等)は、アジアのスタートアップエコシステムへの関与を投資等を通じて着実に高めていることが、Tech in Asiaのデータベースより明らかとなりました。
さらに、ソフトバンクをはじめとする日本の投資家は、アジア各国のユニコーン企業への投資実績も行なっていることがわかりました。
本レポートがアジア展開を考える日本企業のみなさまの一助となれば幸いです。

■Tech in Asia Japan シリーズレポート Vol.1:
『アジアのスタートアップエコシステムにおける日本の投資家の大きなインパクト』
⇒ダウンロードはこちら (リンク ») ] (リンク »)

■掲載データの一例:


日本の投資家/中国の投資家によるアジアのスタートアップへの投資額の比較

本レポートでは、AlibabaによるLazada買収やTencentによるSeaやGo-Jekなどのユニコーン企業への投資が近年目立ち初めている中で、日本のアジアにおける投資活動状況を中国と比較しています。
2015-2017年においては、日本企業と中国企業の対外投資案件の総額を比較すると、日本は投資総額および
投資案件数の両方の側面で中国より積極的にアジアへの投資を行なってきたことがわかります。
しかしながら、2017年以降中国の対アジア投資が加速していることは注目すべき事実です。
[画像1: (リンク ») ]




日本企業が投資しているアジアのユニコーン企業(中国/日本企業は除く)

日本は意外にもアジアのスタートアップに対して、積極的に投資を行なっていることが明らかとなりましたが、
アジアのユニコーン企業に対して日本の企業がどれほど投資をしているのかという疑問が残ります。
調査の結果、アジアにおける中国・日本を除くユニコーン30社の内、日本の投資家は15社に投資を行なっています。投資先のスタートアップを国別で見るとインドがもっと多く、業界別で見るとEコマース企業が最も多いです。

[画像2: (リンク ») ]



■目次:
(1) アジア市場が急増する基本的背景
(2) 投資トレンド
 2-1. アジアスタートアップへの投資動向(全体)
 2-2. 日本のアジアにおけるスタートアップ投資動向
 2-3. 日本/中国のアジアにおけるスタートアップ投資動向比較
 2-4. 日本の企業の投資動向(案件数/投資額)
 2-5. 2015-2017年の日本の投資家による注目投資案件
 2-6. アジアスタートアップへの投資額が多い企業TOP5
(3) アジアのユニコーン企業と日本企業/スタートアップの関係

■Tech in Asiaデータプロダクトの紹介:
Tech in Asia Japanでは、自社のアジア地域における投資活動のデータベースを活用し、アジア進出をお考えの企業様へ、各企業様のご要望に合わせた市場調査~進出までの長期サポートプランをご用意しております。
現在ご興味のある企業様向けに、Tech in Asia Japanが定期的に発行しているアジアの投資レポートや、ビジネスモデルレポートのにサンプルをご提供しております。
詳細はこちら: (リンク »)

■Tech in Asiaについて:
Tech in Asiaは、アジアのTech & Startupエコシステムの醸成を担う、オンライン+オフラインプラトフォームです。シンガポール本社をはじめ、アジアの12都市に150名以上のスタッフが常駐し、主に以下のような事業を行っております。
・アジア最大のスタートアップメディア "techinasia.com"の運営
・アジア3ヶ国での大規模カンファレンス運営 (シンガポール、インドネシア、日本)
・テック/ビジネス感度の強い読者を繋げる人材プラットフォーム
Tech in Asia Japan Webサイト: (リンク »)

2018年9月20日(木)・21日(金)開催!
アジア最大級のテックカンファレンス「Tech in Asia Tokyo 2018」
公式ページ: (リンク »)

■お問い合わせ:
ご質問がある方はお気軽に下記のアドレスまでご連絡ください。
Tech in Asia Japan 広報担当

Email : japan@techinasia.com


[画像3: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]