編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MAMORIOとBORDERは共同で出張者への身の回り品紛失防止サービスの提供を開始します

MAMORIO株式会社

From: PR TIMES

2018-07-23 14:01

~BORDERでの出張手配者向けにMAMORIOをお試し価格で提供~

 MAMORIO株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:増木大己、以下MAMORIO社)は、ボーダー株式会社(代表取締役社長:細谷 智規 本社:東京都渋谷区、以下:BORDER)は共同で、企業の海外出張者の渡航中のリスク軽減を目的に、身の回り品紛失防止サービスの提供を開始します。
 第1弾として、BORDER経由で出張を手配したお客様向けに、紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」シリーズをお試し価格で購入できるキャンペーンを実施し、出張シーンにおける紛失防止対策を検証することで、今後の本サービスの継続について検討してまいります。




[画像1: (リンク ») ]



■キャンペーン概要
[画像2: (リンク ») ]


本キャンペーンでは、BORDERを利用して出張を手配したお客様向けに、MAMORIO社が販売する紛失防止タグ「MAMORIO」シリーズの商品を20%OFFで購入可能なクーポンを発行いたします。

■対象商品


[表: (リンク ») ]



■対象店舗
MAMORIO公式ストア
(リンク »)

■キャンペーン期間
2018年7月23日(月)から2018年8月31日(水)まで
(キャンペーンは許可なく延長される可能性がございます。)

■MAMORIOについて
 MAMORIOは、Bluetooth Low Energyを活用した非常に小さなタグを「大切なモノ」に付けるだけで、スマートフォンと連係して紛失を防ぐ製品です。万が一の置き忘れ時には、スマートフォンに置き忘れた場所と時間をお知らせします。
 「クラウドトラッキング機能※(特許取得済)」を利用することで、全国のMAMORIOユーザーと協力して自分のものを探すことが出来、発見確率を向上いたします。
 また、公共交通機関や商業施設等にMAMORIO Spotを設置することで、お忘れ物がお忘れ物承り所などに届けられた際に自動的にお知らせするサービスの展開や、捜索支援サービスや紛失時の保証が受けられる「あんしんプラン(有償オプション)」の提供など、様々なシーンでの紛失の不安を減らし、「なくすを、なくす。」を実現します。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



【MAMORIO株式会社について】
会社名 MAMORIO株式会社
代表者 代表取締役 増木 大己
設立 2012年7月
本社所在地 〒101-0021東京都千代田区外神田3-3-5ヨシヰビル5F
事業内容 ポータルサイト「落し物ドットコム」の運営、紛失防止IoTデバイス「MAMORIO」の開発
コーポレートサイトURL  (リンク »)


■BORDERについて
 BORDERは、成長企業の総務部門を中心に100社以上が利用している、クラウド海外出張手配サービスです。
 気軽かつスピーディーなコミュニケーションを実現するチャットシステムと、リモートワークを活用した独自のオペレーションモデルによって、これまでにない新しい出張手配体験を提供します。
 ビジネスのグローバル化に伴い、海外出張の機会は企業の規模に関わらず増加しています。海外出張は企業の可能性を広げる反面、出張に係る事務コストの増加や出張者の安全管理などの課題が生じます。
 私たちは出張のプロフェッショナルとして、それらの課題をテクノロジーの力を用いて解決します。
[画像5: (リンク ») ]


【ボーダー株式会社について】
会社名 ボーダー株式会社
代表者 細谷 智規
設立 2014年8月
本社所在地 東京都渋谷区恵比寿 1-18-5
事業内容 オンライン出張プラットフォーム「BORDER」の運営
URL  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]