株式会社ISAO 会社分割(吸収分割)による事業承継に係る基本合意書締結に関するお知らせ

ISAO 2018年07月23日

From PR TIMES

株式会社ISAOは、株式会社エヌジェイホールディングス及び同社連結子会社である株式会社ウィットワンとの間で、ISAOのゲーム運営サポート事業を吸収分割により、ウィットワンに承継することに関して、基本合意書を締結することを決定いたしました。

株式会社ISAO(本社:東京都台東区、代表取締役:中村 圭志、以下「ISAO」)は、株式会社エヌジェイホールディングス(以下「エヌジェイホールディングス」)及び同社連結子会社である株式会社ウィットワン(以下「ウィットワン」)との間で、ISAOのゲーム運営サポート事業(以下「CSP事業」)を吸収分割により、ウィットワンに承継すること(以下「本件承継」)に関して、基本合意書を締結することを決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

1.本件承継の目的

ISAOは、「たのしい!をうみだしとどける」という経営理念のもと、CSP事業の他、クラウドソリューション事業、アプリケーションサービス事業、システム開発事業を運営、また近年は、「世界のシゴトをたのしくするビジョナリーカンパニー」という中長期ビジョンを掲げ、楽しくゴールを目指す社内SNS「Goalous (ゴーラス)」や認証と課金の領域で利用者の煩わしさをなくす「Mamoru (マモル)」といった自社ITサービス開発を推進する等多様なITサービス事業を展開しております。

また、「オープン&フラット」な組織を目指し、ユニークな組織モデル「バリフラット」を導入する等、新しい働き方の形を追求し続けております。

近年、「働き方改革」の重要性が広く認識され、その実現のためのITサービスへのニーズが高まりを見せております。ISAOも、「シゴトをたのしく」するITサービスへ経営資源を集中し、世の中に高付加価値なサービス提供を加速させようとしています。

こうした中、CSP事業について、従来の労働集約型から高付加価値なビジネスモデル転換を模索しておりましたところ、ゲームの開発・運営会社をグループにもつエヌジェイホールディングスより、同社がゲーム運営サポート事業への本格進出のためにM&Aを検討するなかで、CSP事業の長年にわたる実績とその業務品質を評価し、CSP事業を譲り受けたいという提案を受け、同社経営陣と慎重に協議を重ねて、下記のとおり合意するに至りました。


2.本件承継の要旨

(1)本件承継の日程

2018年7月23日   基本合意書の締結

2018年8月下旬   吸収分割契約締結(予定)

2018年10月1日   吸収分割効力発生日(予定)


(2)本件承継の方式

ISAOを分割会社とし、ウィットワンを承継会社とする分社型(物的)吸収分割により、ISAOのCSP事業をウィットワンに承継いたします。


(3)承継会社が承継する権利義務

ISAOのCSP事業に係る権利義務及び契約上の地位をウィットワンに承継いたします。


(4)本件承継に係る割当ての内容

本吸収分割に係る対価は、金銭の交付を受ける予定です。その金額については、今後ウィットワンが行うデューデリジェンス等の結果を踏まえ、関係当事者協議の上、決定します。


3.分割当事会社の概要(2018年6月30日現在)


[表: (リンク ») ]



本件に関するお問い合わせ

株式会社ISAO 高井 
TEL:03-5825-5701 
E-mail:pr@isao.co.jp
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]