編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ワウテックが提供する2,000社超の導入実績を持つビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」を株式会社ラクス(現ラクスパートナーズ)が導入!常駐IT技術者とのコミュニケーションツールとして活用

ワウテック株式会社

From: PR TIMES

2018-07-24 12:01

(リンク »)


ワウテック株式会社(東京都港区、代表取締役 瀬沼悠、以下「ワウテック」)は、株式会社ラクス(東京都新宿区、代表取締役 中村崇則、以下「ラクス」)が、利用企業2,000社を誇るワウテックが提供するサービス、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入したことを発表いたします。

※2017年10月よりラクス HR事業部(現 株式会社ラクスパートナーズ)にてWowTalkをご利用いただいてます
※ラクス HR事業部は、2018年7月1日より分社化して「株式会社ラクスパートナーズ」となりました




[画像1: (リンク ») ]


「IT技術で中小企業を強くします!~すぐ便利、ずっと満足~」という企業理念の下、延べ45,000以上の企業に様々なソリューションを提供している株式会社ラクス(以下、ラクス)。

ラクスは、お客様先にエンジニア社員が常駐して直接業務支援するサービス「IT技術者派遣」をはじめ、メール共有・管理サービス「メールディーラー」を2001年4月にリリースし、その後もメール配信サービス「配配メール」やWebデータベース「働くDB」、経費精算システム「楽楽精算」など、システムやクラウドといったITの力を使い、中小企業を強くするサービスを展開しています。

今回は、ラクスがビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」を導入した背景や利用方法、導入効果について、HR事業部 事業推進課 課長の中島晋平様に話を伺った事例(インタビュー)コンテンツをご紹介します。
(リンク »)


[画像2: (リンク ») ]



◆導入目的
ラクスは、ワウテックのビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」を導入する前、下記のような課題を抱えておりました。

◎抱えていた課題
・ 情報を全体共有できるFacebookタイムラインのような機能をもつサービスを探していた
・ 複数人ではなく、1名でお客様先に常駐するケースもあり、帰属意識の低下を防ぎたい


・ 個人SNSのビジネス利用を禁止。機密情報保護という観点から対策を検討





そのうえで、上記課題をクリアにするために社内で検討した結果、当社のビジネスチャット・社内SNS「WowTalk」を導入するにいたりました。

◎導入時に決め手となったポイント

・ 個人SNSとは異なり、ビジネス利用する上でセキュアな環境が確保されていた


・ 他社と比較しても低コスト!しかも社内コミュニケーションを図る上で細かい機能が充実


・ 普段からチャット等のツールに触れていないメンバーでも直感的に使える操作性


WowTalkを導入してことで、トークや共有(タイムライン)だけではなく、プロフィールなどのそのほかの機能を通じ、"社員同士の業務以外の顔(人と成り)が知れるきっかけ" となったり、お客様先に常駐していて物理的に本社と距離があっても "本社とのつながり" を感られている点というのが、それにあたるようです。
結果的に、「お客様先に常駐しているIT技術者とのつながりが強く・太くなった」と言います。


今回ご紹介するインタビュー(事例コンテンツ)では、上記内容について伺っております。ぜひご覧ください。

事例ページ : (リンク »)


◆企業情報
◎株式会社ラクスパートナーズ( (リンク ») )
[画像3: (リンク ») ]

代表取締役:吉田 雅行
事業内容:ITエンジニア派遣
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿4-3-25 TOKYU REIT新宿ビル8F
TEL:03-6675-3638(代表)


◎ワウテック株式会社( (リンク ») )

[画像4: (リンク ») ]

ワウテックは、ビジネスチャット「WowTalk」、名刺管理ソリューション「CAMCARD BUSINESS」を中心に、法人向けITソリューションを自社開発・運営しています。
ビジネスコミュニケーションに新しい価値を提供し、安全で確実な改善をビジネスに携わる誰もが実感する、そのための手段、そして課題解決をシンプルかつ新しい驚きに満ちたやり方で実現します。

所在地: 東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ4F
代表者: 代表取締役 瀬沼 悠
資本金: 110百万円(資本準備金含む)
事業内容:
WowTalk、CAMCARD BUSINESSを中心とした法人向けMobility Device Applicationの企画、開発、販売


・対象サービス:WowTalk(ワウトーク)
ワウテックが開発・提供する「WowTalk」は、『直感的な操作性』『導入教育いらず』『数万規模の導入実績を誇る安全性』という特徴を持つ、高いリピート率(満足度)を誇るビジネスチャット・社内SNSです。

WowTalkは、働く環境を選ばない、いつ・どこにいてもスマートフォンやPCから、メッセージやスタンプ、画像ファイル、ドキュメントファイルなどのやりとりが可能です。これまでに2,000社以上の導入実績を持ち、「トーク」「共有(タイムライン)」「無料通話」「タスク管理」という基本機能、そのほかにもメンバーリスト、ファイル送受信、外部サービス連携など機能が充実しております。

また、WowTalkは管理機能が充実しており、管理者が全社員のIDとパスワードを発行し、社員アカウントを一括管理することが可能です。必要に応じて各種機能の有効範囲を個人単位で指定でき、重要な機密を扱う業種や情報の統制が必要な中・大企業でも安心してお使いいただけます。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]