編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「2018 ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会」に協賛 「こどもスポーツ記者」が撮影・取材した「横浜こどもスポーツ新聞」を大会HP上で公開

株式会社ニコンイメージングジャパン

From: PR TIMES

2018-07-24 14:01

株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代厚司、東京都港区)は、2018年5月12日(土)と13日(日)の2日間にわたり神奈川県横浜市の山下公園周辺特設会場で開催された「2018 ITU 世界トライアスロンシリーズ横浜大会」(主催:国際トライアスロン連合、世界トライアスロンシリーズ横浜大会組織委員会)に協賛しました。

本大会では、子どもたちに夢や希望を与えるきっかけ作りを提供することを目的に、選手と直接触れ合える取り組み「キッズプロジェクト」を実施しました。ニコンイメージングジャパンは、「キッズプロジェクト」の一環である「こどもスポーツ記者」活動にニコンデジタル一眼レフカメラ D5600の機材貸し出しとサポートを行い、「こどもスポーツ記者」である小・中学生たちは事前に撮影方法などを学び、大会当日にレースの撮影および取材をしました。

「こどもスポーツ記者」による取材内容は、「横浜こどもスポーツ新聞」として、大会ホームページおよび横浜スポーツ情報サイト「ハマスポ」上で公開しています。また、同新聞は横浜市内の小学5・6年生約6万人にも順次配布され、さらに大会主催者の1社である日刊スポーツ新聞社より発行の日刊スポーツ新聞を購読されている東日本エリアの世帯を対象に、約100万部が新聞折り込みされる予定です。
大会ホームページURL: (リンク »)
横浜スポーツ情報サイト「ハマスポ」URL: (リンク »)

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
(リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]