編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VR技術を活用して展示会のコストを大幅削減!360ChannelがフルCG VR映像の制作と大人数同時視聴システムを開発

株式会社360Channel

From: PR TIMES

2018-07-24 16:00

~ハイデルベルグ・ジャパン株式会社が出展する印刷業界最大の展示会IGAS2018にて体験可能~

株式会社360Channel(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中島健登)の総合VRプロデュース事業であるVR PARTNERSは、東京ビッグサイトにて7月26日から31日まで開催される印刷業界最大の展示会『IGAS2018 (International Graphic Arts Show)』に出展するハイデルベルグ・ジャパン株式会社のVR映像制作および大人数同時視聴システムを担当、開発いたしました。
■ハイデルベルグ IGAS 2018 Primefire 106 バーチャルリアリティ・シアター 詳細URL:
(リンク »)

[動画: (リンク ») ]



従来の展示会では、実機を展示するというのが通例でしたが、その方法では、市場の多様な要求に応えられないばかりか、本質的に製品を理解して頂くには充分ではありませんでした。また、わずか数日のために多くのコスト、時間、技術者(サービスエンジニア)を投入し、大型の機械を会場に搬入、組み付け、展示を行っているという課題もありました。そこで本展示会では、360度VR映像を活用し、来場者はVRヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)とヘッドフォンを装着、視聴することにより、印刷機器がまるでその場にあるかのような体験をしていただき、機械内部を視覚的に捉え、装置のもつポテンシャル、ビジネスのどこにその利点があるかを明確に見せることを可能としただけではなく、大幅なコスト削減も実現いたしました。また、本展示会開催にあたりスタンドアローン型VR HMD45台を、無線制御により同時視聴できる技術を新たに開発。さらに、視聴者のVR体験中の状況をPCより遠隔で確認出来るシステムも構築し、視聴者の状況が把握しづらいVRを利用したイベント運用の効率化も達成しました。

本VR映像は、紙とともに機械の中を旅することでインダストリアル・デジタル印刷の世界を体感するというストーリー。 普段、覗けない世界最先端の産業用印刷の技術をフルCGのVR映像で体験できる内容になっています。VRならではの“エンターテインメント”要素をふんだんに盛り込んだ内容になっているため、アントラクションとしてもお楽しみいただけます。さらに、イベント終了後には360度VR動画配信サービスである360Channel ( (リンク ») )での配信も予定しています(8月中旬公開)。

今回のVR映像制作・VRイベント技術は株式会社360Channelの総合VRプロデュース事業であるVR PARTNERS( (リンク ») )が担当。VR PARTNERSはVRに関する多様なクライアント様のニーズに対して、プランニングディレクションやイベントプロモーション、効果測定など一気通貫した施策の提案をする、総合VRプロデュース事業です。360Channelが年間500本以上のVR動画制作・配信を通じて蓄積したノウハウを活かし、VR動画制作のみにとどまらないサービスを提供します。
■VR PARTNERS: (リンク »)

【イベント情報】
■イベント名:IGAS 2018 (International Graphic Arts Show)
■イベントURL: (リンク »)
■実施日時:7月26日(木)~7月31日(火)
■場所:東京ビックサイト
■主催:一般社団法人日本印刷産業機械工業会
■お問合せ先:IGAS事務局(TEL.03-3434-2656)

【360Channel サービス概要】
『360Channel』で配信する動画は360度全方位へ自由に視点を動かすことが可能で、あたかも動画内に自分がいるかのような臨場感あふれる視聴体験を楽しめる点が最大の特長です。Windows Mixed RealityやPlayStation(R)VR、Oculus Go、Oculus Rift、Gear VR、Daydream View、Mirage Solo といったVR専用HMDを装着することで、もっとも没入感の高い視聴体験を味わうことができます。専用サイトにアクセスすることでPCやスマートフォンからも利用可能です。
■提供サービス:360度VR動画の視聴(ストリーミング再生)
※動画はアーカイブ形式のため、一定期間経過後に削除されます。
■URL    : (リンク »)
■対応デバイス:VR専用HMD(※1)、Windows Mixed Reality 、PC、スマートフォン、タブレット端末
※デバイスによっては一部視聴できないコンテンツがあります。
■サービス利用料金:無料(※2)
■コンテンツ価格:無料および有料
■スマートフォンアプリ:
【App Store URL】 (リンク »)
【Google Play™ URL】 (リンク »)
■公式Facebook : (リンク »)
■公式Twitter    : (リンク »)
※1 VR専用HMDはPlayStation(R)VR、Oculus Go、Oculus Rift、Gear VR、Daydream View、Mirage Soloに対応。その他のVR専用HMDにも随時対応していきます。
※2 対応デバイス使用時にはそれぞれ別途通信料がかかります。

【株式会社360Channel 会社概要】
社名  :株式会社360Channel  (リンク »)
所在地 :東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立  :2015年11月2日
資本金 :7億円(資本準備金含む)
代表者 :代表取締役社長 中島 健登
事業内容:360度動画関連事業

【本リリースに関するお問い合わせ】
株式会社360Channel  広報担当  pr_ml@360ch.tv

(C) 2016-2018 360Channel, Inc.
360チャンネル\サンロクマルチャンネル、360Channelのロゴ(「36」)およびサンロクマ\VRクンは株式会社コロプラの商標または登録商標です。
※Android 、Google Play は、Google Inc. の商標または登録商標です。
※iPhone、iPod touch、iPad、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]