編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

最大5 億円を補償 日本初の“補償付き”エンドポイントセキュリティ「サイバー保険付きAppGuard」発表

株式会社フィナンシャル・エージェンシー

From: PR TIMES

2018-07-25 10:01



株式会社フィナンシャル・エージェンシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 齋藤正秀、以下「FA社」)は、世界屈指の革新的エンドポイントプロテクション製品「AppGuard」の日本販売代理店である株式会社ITガード(本社:東京都千代田区、代表取締役 前田悟、以下「ITガード」)と、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:西澤敬二、以下「損保ジャパン日本興亜」)及び株式会社No.1(社:東京都千代田区、代表取締役社長:辰已崇之、以下「No.1社」)と提携し、ITガードが展開する「AppGuard」に対応する、補償付きエンドポイントセキュリティサービスを開始いたします。
[画像1: (リンク ») ]

「AppGuard」は、従来の「検知技術」型とは一線を画す技術「Isolation Technology」を搭載し、攻撃の段階で脅威を遮断する革新的な特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品です。この度発表する新サービスは、IT ガードが提供するサービスを導入いただいている企業がDDos 攻撃やゼロデイ攻撃、その他未知の攻撃などのサイバー攻撃を受け、万が一「AppGuard」が突破され情報漏えい等の損害を受けてしまった際に、損害賠償・事故対応特別費用などで1 ライセンスあたり500 万円を補償するサービスで、保険期間1 年間において最大5 億円を補償します。

[画像2: (リンク ») ]

本製品は、上記のように当社を含め4社の提携によって展開する予定です。
株式会社IT ガード … エンドポイントセキュリティ「AppGuard」の提供及び本製品の販売
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 … サイバー保険の提供
株式会社フィナンシャル・エージェンシー… サイバー保険の提供
株式会社No.1 … 本製品を導入した「WALLIOR PC」の販売

AppGuard とは
AppGuard は、従来の「検知技術」型(定義ファイル、機械学習、レピュテーション、ホワイトリストなど)ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する革新的な特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品です。過去18 年以上、一度も破られたことがなく、米国の政府機関において長年の実績があります。過去3 年連続で GSN(Global Security News)Homeland Security Award を受賞しており、米国陸軍並びにアメリカ国防省の高水準なセキュリティ・スタンダードを満たしたことを示すCoN 認証も取得済みです。
[画像3: (リンク ») ]

システム要件
AppGuard Enterprise Mangement Console (AGMC)
Windows Server 2008 / 2012 で動作、SQL Server 2008 以降が必要
[機能]
Web ブラウザによるポリシー作成およびイベントログ表示
エージェントインストールパッケージの作成
Policy Distribution Points(PDPs)へポリシー送信
Log Retrieval Points(LRPs)からのログ収集

AppGuard Enterprise Agent
[Windows オペレーティングシステム要件]
Windows XP Personal SP3 以上(32 ビット)
Windows XP Home Edition SP3 以上(32 ビット)
Windows VISTA SP1 以上(32 ビット、64 ビット)
Windows 7 , 8 , 8.1 , 10 SP0 以上(32 ビット、64 ビット)
[Windows ハードウェア要件]
CPU 1.8GHz
メモリ 1GB

【IT ガード 会社概要】
株式会社IT ガードはエンドポイントプロテクション製品AppGuard およびそれに付帯する事業を提供するために設立された企業です。
会社名 :株式会社IT ガード(英語表記:IT Guard Corporation)
所在地 :東京都千代田区霞が関三丁目2 番5 号 霞が関ビルディング
代表者 :代表取締役 前田悟
事業内容:エンドポイントプロテクション製品AppGuard の提供およびそれに付帯する事業

【フィナンシャル・エージェンシー会社概要】
「Insurance Technology」を標榜し、「AI」「RPA」「IoT」がキーワードの最新デジタル技術を駆使した数々の業界初のIT システム&サービスによって保険業界のデジタル化を行うフィンテック=インシュアテックのリーディングカンパニー。
スマートフォンアプリやWEB サービス等の会員属性に応じたオンラインギフト保険による顧客データベース構築、電話・SMS・Email・LINE等のマルチコミュニケーションによる動画プロモーションを実現した「U-Link」、ユーザー情報から最適な保険商品の見積を生成するAI システム「保デジPRO」、保険証券デジタル保管や契約・請求内容の家族共有と保険金請求の訪問サポートを行う「よつば」による「保険流通BPO」、業務処理・品質管理の「RPA+AI」による自動化を実現する「業務ソリューション」、国家プロジェクトと連携した医療ビッグデータによるパーソナライズド保険の開発、医療機関とのブロックチェーンによる保険金請求・支払いプラットフォームの構築を進める「保険IoT」の3 事業によって、企業ミッションである「安心できる社会保障の提供」を国内のみならずインド・タイといったアジア圏を中心にグローバル展開。

会社名:株式会社フィナンシャル・エージェンシー
所在地:東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー
資本金:10 億7,393 万円
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 齋藤正秀

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]